イメージ空港

MENU

UPDATES

新着情報

〜ビジネスクラスに関するニュースや搭乗レポートなど続々とアップ中!〜

icon_post_news

搭乗レポート

2016.5.27

ベトナム航空ビジネスクラス初体験記

    • シート
    • ビジネスクラス体験
    • フルフラット
    • ベトナム航空
    • 機内
    • 機内食

2016年5月27日、初めてビジネスクラスでハノイに行ってきました!ビジネスクラスの良さは色々あると思いますが、私にとっての一番の良さは「ワクワク感」がずっと続くということでした。

【ワクワクポイントその1 優先搭乗】
優先搭乗が始まりました。やっぱり最初に乗せてもらえるって嬉しい!タラップを進むと手前がビジネスクラスの入口。奥がエコノミーです。いつもなら迷わず奥ですが、今日は特別に手前入口を進みます!ビジネスクラスは座席数が少ないので詰まって通路に並ぶこともありません。スムーズに座れました。

【ワクワクポイントその2 空間】
綺麗なアオザイを着たキャビンアテンダントさんの笑顔に迎えられ、入った先にはとてもスペーシャスな空間が!今回の航空機はボーイング787型機。座席は1-2-1ですが、座席というより個室のような少し囲いのあるプライベートな空間です。
これぞまさにビジネスクラス!テンションもあがります!窓側の席に座るととにかく広い!
いつもは窓側に座りたいのにお手洗いに行く時に隣の方に迷惑をかけるのが嫌なので、通路側を選んでいました。
これなら窓側でもあるし、通路側でもある!感動です。
感動していたら、荷物を棚に入れるのを忘れていました。エコノミークラスの時は真っ先に棚を確保しなくてはと思いますが、ビジネスはその点でも安心ですね。

info_20160527_10

【ワクワクポイントその3 座席】
座席に座るやいなや、ウェルカムドリンクが運ばれてきました。シャンパンをいただきながら早速座席のあちこちを調べます。
ボタンがいっぱいなので、とりあえず押してみました。
B787の一番の特徴はなんと言ってもフルフラット!座席が段々と傾いていき、フルフラットに!足を伸ばして寝られます。本当にすごい!快適です。
また、大きいモニターは動かせるので、それに合わせて座席の角度を変えれば、体への負担もありません。

info_20160527_2 info_20160527_6

【ワクワクポイントその4 機内食】
閉鎖された飛行機の中ではやはり食事も重要です。
食事が始まる前にはアテンダントさんがわざわざテーブルの上にナプキンをかけ、準備をしてくれました。
昼食は和食か洋食かの選択です。悩みましたが、洋食にしてみました。それに合わせてドリンクメニューを渡されましたが、とにかく種類が多い!食事内容によってドリンクを変えられるなんて素敵ですよね。
洋食を選ぶと前菜から順番に運ばれてきました。少しずつお皿に盛られた前菜はどれも美味しい。
ベトナム航空自体初めてでしたが、ここの食事は意外にいけます!パンやメインのお料理も運ばれてきて、テーブルはあっという間にいっぱいになりました。
ランチの後もデザートやフルーツを持ってきてくれて、お腹はあっという間にいっぱいです!また、料理が運ばれてくる毎に飲み物も聞いてくれるので、至れり尽くせりの機内食でした。

info_20160527_5 info_20160527_7

info_20160527_8 info_20160527_9 

info_20160527_4

 

【ワクワクポイントその5 サービス】
ランチが終わると機内は暗くなりお休みタイムに入ります。まさに暗くなるという状態ですが、ベトナム航空では明るさに段階を設けていて、状況によって変えられるそうです。お休みタイムひとつをとっても細やかな気遣いが隠れているんですね。
またお休みタイムの間には機内にミニバーが設置されていました。ミニバーと言っても本当に小さなコーナーですが、その気遣いが嬉しいですよね。でも実際は、キャビンアテンダントの方が常に聞きに来てくれたので、利用する必要はありませんでした。

info_20160527_1

今まではビジネスクラスは正直高いと思っていましたが、これだけのワクワク感を味わえるなら、それだけの価値は充分にあると思います。
ベトナム航空は、2016年7月に4スターを獲得しましたが、成田からハノイまで、機材、サービスともにまさに大満足の5時間半でした。

八幡 有光衣

アジア担当

八幡 有光衣
yahata

pagetop
btn_doc_arrow btn_doc_mail

無料資料請求・お問い合わせ

03-5759-8412

(営業時間 10:00~18:00)