MENU

Ovation of the Seas

〜ロイヤル・カリビアン・インターナショナル(ROYAL CARIBBEAN INTERNATIONAL)〜

icon_bg_ttl

クルーズの常識を超えた、次世代のスマートシップ

「クルーズの常識を変える、最先端客船」のふれこみでデビューしたクアンタムクラスの第3船。世界最大22万トンの超大型客船を就航させたロイヤル・カリビアン社が最新技術の限りを尽くした”洋上初” のアクティビティの数々はWOW!の連続。それは”人生初”の感動の体験です。

 

<Ship Data 客船スペック>
就航:2016年4月/総トン数:168,666t/全長:348m
最大幅:41m/乗客定員:4,180名/乗組員数:1,500名/巡航速度:22.0ノット

オベーション・オブ・ザ・シーズ(カジュアル船)の
料金・スケジュールを見る

link_wht
icon_wolrd_map

point

1

楽しいだけではない!大人の寛ぎを目指したスタイリッシュな側面も

カリブ海クルーズでその人気と地位を確立してきたロイヤル・カリビアンは、カジュアルで肩肘張らずに楽しめる明るい雰囲気が特長。楽しい仕掛けで満ち溢れている船内は、洋上の街そのもの。吹き抜けの公園や巨大野外円形劇場まで作ってしまった「オアシスクラス」がその最終進化系であるとするなら、最新の映像技術を駆使したエンターティメントや、心から安らぎに包まれる癒しの空間を追求したのが「オベーションクラス」。大人から子供まで、だれもが快適に過ごせるように、革新的な進化を遂げた先進技術が創り出す、最先端のクルーズライフをお楽しみください。
例えば、ロイヤル・カリビアンの代名詞といえる吹き抜けのアーケードである「ロイヤル・エスプラネード」はすっきりとした開放感あるつくりながらも、木目調や落ち着いた色合いでまとめられており、そこに漂う空気感は底抜けに明るいリゾートの雰囲気とは異なるもの。また、プールサイドのチェアやパブリックスペースの壁の色合い、調度品にはラグジュアリなリゾートホテルを思わせる雰囲気作りが見て取れます。
船内にはこれらが作用して「モダン」で「スタイリッシュ」な空気感が随所に漂っており、落ち着いたクルーズライフを求めるシニアの皆様が心地よく過ごせる空間が広がります。

楽しいだけではない!大人の寛ぎを目指したスタイリッシュな側面も
© Royal Caribbean

point

2

展望型カプセル「ノース・スター」などクルーズ船の常識を超えるWOWは健在

スタイリッシュで落ち着きのある雰囲気の側面を持ちつつも、この船のもうひとつの特長とも言えるのが「洋上初」のアクティビティの数々です。
なかでも異彩を放つのが世界初となる展望カプセル「ノース・スター」。アームの先につけられたカプセルが大空を自由に旋回しながら、遥か上から船をみおろす眺望は圧巻。海上90mの高さから360度を見渡す空中散歩はオベーションクラスしかできない、感動の体験です。もう一つの驚きは船上でスカイダイビングを疑似体験できるリップコード・バイ・アイフライ。世界に数ヶ所しかない「スカイダイビング・シュミレーター」が洋上に初登場。円筒ブースの底から吹き出す強風に乗り、体がふわりと中に浮きあがります。
また、最新のテクノロジーが生んだ洒落の効いた設備といえば「バイオニックバー」。ロボットがお好みのカクテルを作り上げるという近未来の体験がお待ちしています。備え付けのタブレット端末で飲み物を注文すると、ロボットバーテンダーが天井のボトルを器用にとってカクテルを作ります。ハイテク工場で活躍しているロボットアームがカクテルを造る様はどこか滑稽で思わずWOWの声が漏れることでしょう。
さらに、船尾に位置するラウンジ「TWO70°」にも驚きの仕掛けが。明るいうちは270度の視界が開ける大きな窓が夜には巨大なスクリーンに早代わり。視界を包み込む巨大球面スクリーンと客席に仕込まれた仕掛けで幻想的なショーや空中アクロバットが展開され、変幻自在な異次元空間へと皆様をいざないます。
最新のテクノロジーと究極の遊び心で旅人の好奇心を満たす「非日常の世界」が船内のあちこちに用意され皆さんのクルーズライフをあきることなく盛り上げてくれます。

展望型カプセル「ノース・スター」などクルーズ船の常識を超えるWOWは健在
© Royal Caribbean

point

3

選べる楽しさ、革新的ダイニングシステム。

グルメも進化したオベーション。クルーズ中の楽しみの一つである食にも斬新な取り組みが導入されました。
「ダイナミック・ダイニング」と名づけられたシステムでは、雰囲気もメニューも異なる5つのメインダイニングの「食べ比べ」が実現可能に。
内装や雰囲気の違いはあれどダイニングで出されるメニューはどこも一緒という従来のスタイルを一歩進め、6箇所のダイニングがそれぞれのメニューをご提供するシステムに変更。時間も、ドレスコードも自由に選択できる、全く新しいダイニングシステムです。

選べる楽しさ、革新的ダイニングシステム。
© Royal Caribbean
icon_port_city
icon_bg_ttl

オベーション・オブ・ザ・シーズ(カジュアル船)のデッキ・客室紹介

カジュアル船にありがちな派手な色彩、内装とは一線を画し「ここちよさ」が感じられるウォームフルな客船。就航:2016年4月/総トン数:168,666t/全長:348m、最大幅:41m/乗客定員:4,180名/乗組員数:1,500名/巡航速度:22.0ノット

◯

Japan

☆

Casual

☆

Premium

☆

Luxury

icon_contents_articles
icon_ttl_recent_articles
icon_bg_ttl

Recent Articles
新着情報

icon_post_news

ニュース

2018.7.6

【テレビ放映のお知らせ】 《飛鳥Ⅱ》 人気のXmas名古屋クルーズ

最近、以前にもまして人気が高まってきた飛鳥Ⅱ。テレビで取り上げられることも多くなり、それをきっかけに乗船されるお客様もたくさんいらっしゃいます。今回は、テレビ愛知の「サンデージャーナル」内で「愛知のクルーズ旅行 最新事情 […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

yahata
八幡 有光衣

八幡 有光衣
【テレビ放映のお知らせ】 《飛鳥Ⅱ》 人気のXmas名古屋クルーズ
icon_post_news

クルーズ相談会

2018.6.29

【名古屋開催】 7月12日(木)クルーズセミナー “憧れのクイーン・エリザベスの世界”

  「クイーン・エリザベス」号の2020年日本発着クルーズがいよいよ7/2より発売開始となります。 憧れの客船の代名詞とも言われ、一度は乗船してみたいと日本でも大変人気のある船ですが、「興味はあるけどクルーズの […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

kobayashi
小林

小林
【名古屋開催】 7月12日(木)クルーズセミナー “憧れのクイーン・エリザベスの世界”
icon_post_news

ニュース

2018.6.22

【いよいよ発売開始!】《クイーン・エリザベス》 2020年日本発着クルーズ

来年2019年に初めての日本発着クルーズを行う憧れの客船「クイーン・エリザベス」。すでに一部キャビンは満室の状態となっており、たくさんのお客様がキャンセル待ちをされているほど人気が出ています。2019年は2本の運航を発表 […]

icon_post_list_arrow

クルーズマスター

koizumi
小泉 芳弘

小泉 芳弘
【いよいよ発売開始!】《クイーン・エリザベス》 2020年日本発着クルーズ
icon_post_news

クルーズ相談会

2018.6.15

【船上説明会開催決定】 《飛鳥Ⅱ》 船上説明会(軽食付き) IN 横浜港

最近あっという間に満船になってしまうことが多い日本船の中でも代名詞と言ってもいいほど人気の「飛鳥Ⅱ」。昨今のクルーズブームにのって、以前にもまして人気が出ています。現在発売している2018年上期のコースは、ほとんどがいっ […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

yahata
八幡 有光衣

八幡 有光衣
【船上説明会開催決定】 《飛鳥Ⅱ》 船上説明会(軽食付き) IN 横浜港
icon_post_news

ニュース

2018.6.8

【大好評発売中!】 《日本船》 2018年秋~2019年春コース

先月より発売が開始されました日本船3船の2018年秋~2019年春にかけてのコースは、昨今のクルーズブームに乗って大変好評となっております。特に、クリスマスクルーズ、年末年始クルーズは取りにくいキャビンもございますので、 […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

yahata
八幡 有光衣

八幡 有光衣
【大好評発売中!】 《日本船》 2018年秋~2019年春コース

新着情報をもっと見る

pagetop

名鉄観光クルーズチームに相談する

btn_doc_arrow btn_doc_mail

無料資料請求・お問い合わせ

03-5759-8412

(営業時間 10:00~18:00)