China Airlines

チャイナエアラインのビジネスクラス

~台湾のナショナルフラッグキャリア~

チャイナエアライン

イメージ

China Airlines

日本14都市15空港から台湾へ

スカイチーム スカイチーム


主な就航都市

台北(桃園空港、松山空港)、高雄

主なビジネスラウンジ

桃園空港、松山空港、高雄空港

イメージ

1959年設立。台湾を代表する航空会社で、台北を拠点として、アジア(85か所)、ヨーロッパ(17か所)、アメリカ(47か所)オセアニア(6か所)へ乗り入れています。日本からは東京(成田・羽田)、関西、名古屋、福岡、札幌など14都市15空港から台北への直行便を運航。

China Airlines Business Class

チャイナエアラインのビジネスクラスは
ここがすごい!

イメージ

最新テクノロジーと東洋美学の融合させた豪華な座席

日本の地方都市にもネットワークをもつ航空会社ゆえ、ハワイやバンコク行きのツアーで乗継便として使われることも多いチャイナエアライン。地方空港から台湾までのフライトに導入されているエアバスA330-300型機のシートはフラットに近い160度のリクライニングが可能。中・長距離路線を対象に導入されているボーイングB777-300ERのビジネスクラスシートは、形状記憶素材を利用したフルフラットシート。就寝時は全長2m、幅72cmのベッドに変形し、宋代の美的感覚を組み込んだセンスのよいデザインが、心地よいくつろぎを誘います。各座席には大型サイドテーブルも設けられ、おしゃれな専用のテーブルランプ付き。シューズボックスや手荷物収納スペースもあり、シートまわりもすっきり片づきます。18インチの大型個人用モニターでは、多彩なエンターテインメントも楽しめます。

イメージ

医食同源の健康に配慮した機内食

食の台湾の航空会社とあって、機内食もおいしいと評判。医食同源の考えに基づき、健康に配慮したメニューが味わえます。日本路線のビジネスクラスの機内食は、中華、日本食、洋食の3種類から選べる本格的なコース料理。中華料理では台湾の地方料理が季節ごとに楽しめます。料理に合わせるお酒も、アペリティフの5種類のカクテルと6種類のスピリッツ、台湾ビール、赤白ワインと充実。お好みで各種花茶やハーブティーも取り揃えています。

イメージ

本格台湾料理も味わえる「チャイナエアラインラウンジ」

台北を含む世界9都市の空港に自社ラウンジ「チャイナエアラインラウンジ」があり、台湾から帰国するときはもちろん、乗継時も快適に過ごせます。ラウンジは、牛肉麺をはじめとしたヌードルや小籠包など台湾グルメのほか、お酒やソフトドリンクの品ぞろえも豊富。台湾桃園国際空港の第1ターミナルのラウンジは、オリエンタルな趣のある素敵な空間です。

Service

ここがポイント!
サービスのご案内

シートまわりの設備も充実したビジネスクラスシート、健康に配慮した多彩なメニューが自慢の機内食、牛肉麺をはじめとしたヌードルや小籠包など台湾グルメも味わえる空港内のビジネスクラスラウンジ、チャイナエアラインならではのビジネスクラスサービスをご紹介!

シート(座席)について

チャイナエアラインでは、最新のテクノロジーと東洋生活美学の融合をデザインコンセプトに掲げたフルフラットシートの777/A350のプレミアムビジネスクラス、シェル型タイプ 747-400、A330-300、737-800、A350-900XWBの機材があります。就航路線(長・中・近距離)によって、座席タイプが少しづつ異なりますので、事前にチェックしてみましょう!

イメージ

A330-300(成田・関空・名古屋⇔台北線)

合計307席の大型機材には、ビジネスクラスが「2-2-2」の配列で30席のゆりかごに包まれたかのようなリラックス感が得られるシェル型シートを装備。シートピッチは、160cm、リクライニングの角度はほとんど水平に近い160度(機材によっては140度のものもあります)とゆったりしたスペースを確保しています。

イメージ

イメージ

ボーイング777-300ER エアバスA350-900

長距離国際先使用の最新のビジネスクラスシート。形状記憶素材を利用したフルフラットシートが1-2-1の横4席でレイアウトされています。専用テーブルランプや個人用収納、 3つのコンセント、多機能プライベート収納スペース 、各種プログラムがオンデマンドで楽しめる個人用モニターはクラス最大級の18インチです。

機内食(ダイニング)について

「医食同源」の考えに基づき、健康に配慮した多彩なメニューが味わえます。日本路線では本格的な台湾料理や日本料理が人気です。またCAさんがワゴンを使用せず一つ一つ運んでくれるサービスはお客様一人一人を意識したもので日本のおもてなし精神を感じる暖かみがあります。

イメージ

イメージ

イメージ

お食事

和食、洋食、中華の3種類のメニューから選べます。WEBにて24時間前までに予約することも可能で、台湾で「素食」と呼ばれる特別ベジタリアンミールもメニューにあります。機内食メニューは1月・4月・7月・10月の年4回、刷新されるので、乗るたびに新鮮な気持ちで食事を楽しむことができるでしょう。

イメージ

ドリンク

搭乗後時のウェルカム・ドリンクは、ワインやウイスキー、台湾ビールやソフトドリンクなど各種を用意。中でも世界の品評会で数々の賞を受賞した注目のウイスキー『KAVALAN(カバラン)』はおすすめです。

機内サービス(エンターテインメント)について

前席のシートバックに装着モニターは、クラス最大級の15.4~18インチ。100本以上の映画番組をはじめ、各種プログラムが充実しています。オンデマンドで臨場感たっぷりの最新の機内エンターテイメントは空の旅のもうひとつのお楽しみです。

イメージ

イメージ

最新の映画・テレビ番組・音楽

機内エンターテイメントシステム「ファンタジースカイ」では、最新のハリウッドムービーを含む映画番組100本以上、TVドラマ、ニュース、ドキュメンタリーなどの豊富なプログラムがそろっています。

イメージ

上質なアメニティキット

機内で履けるスリッパ、特製安眠もマスクなどが入ったアメニティキットが配られ、機内の乾燥対策もばっちりです。また、肌触りの良いブランケットとやわらかい枕も用意されます。

イメージ

充実した収納スペース

中長距離用の機材には小物入れスペースが3カ所設けてあります。携帯電話や眼鏡など手の届きやすい位置においておけるのでとても便利です。

空港サービス(ラウンジ)について

台湾桃園国際空港のフラッグシップラウンジや世界各地にある専用ラウンジでは搭乗前の時間をゆったりと過ごすのにお役立ち。チャイナエアライン自慢のヌードルや小籠包など暖かい食事も楽しみどころです。

イメージ

イメージ

桃園国際空港「チャイナエアラインラウンジ」

第1・2ターミナルにあるチャイナエアライン専用ラウンジ。ラウンジ内のおすすめは豊富なメニューの食事。人気の牛肉麺などのヌードル、小籠包といった台湾グルメのほか、パン、焼きそば、フルーツなどが揃います。

イメージ

イメージ

成田空港「チャイナエアラインラウンジ」

成田空港第2ターミナル3階71番ゲート近くのエスカレーターを降りた2階にある、チャイナエアライン専用の「チャイナエアラインラウンジ」。窓側の席からは飛行機を間近に見ることができ、空港にいる実感が十分に感じられるのでとてもおすすめです。

イメージ

台北以外のラウンジ

ホノルル、サンフランシスコ、バンコクなど9都市の空港の専用ラウンジ ”チャイナエアラインラウンジ”をはじめ、世界中の空港に利用可能なラウンジが設置されています。搭乗前からファイブスター級のくつろぎを約束してくれます。

Recent Articles

新着情報

2021.6.22ニュース

航空機の機内空調/アシアナ航空

もっと見る

2021.6.14ニュース

アリタリア-イタリア航空、羽田とローマ-フィウミチーノ線の運航を開始

もっと見る

2021.6.11ニュース

JAL国際線【JALコロナカバー】提供中(予約時自動付与/無償)

もっと見る

2020.12.11ニュース

ビジネスクラス徹底比較ガイド【公式】リニューアルのお知らせ

もっと見る

Recommended Tours

おすすめツアー