EVA AIR

エバー航空のビジネスクラス

〜5つ星評価を受ける台湾を代表する安心安全の航空会社〜

エバー航空

イメージ

EVA AIR

日本の13都市から台湾へ就航

スターアライアンス スターアライアンス


主な就航都市

台北(桃園空港、松山空港)、台中、高雄

主なビジネスラウンジ

桃園空港、松山空港、台中空港、高雄空港

イメージ

1989年設立と歴史は比較的浅いものの、イギリスのスカイトラックス社による評価で、最高の5つ星に認定された台湾の航空会社です。アメリカの旅行雑誌『グローバル・トラベラー(Global Traveler)』でも、2016年度優秀カスタマイズサービス賞を受賞するなど、高評価を受けています。2005年と2011年には日本のサンリオ社と提携して独創的なハローキティジェットを創設。各テーマのペインティングを入念に施した機体、100品目以上の機内アメニティグッズ、機内食、ハローキティ機内限定商品、専用ウェブサイトなど、フライトを楽しむ工夫がいっぱいです。2007年には英国「Wallpaper」誌の「ベスト機体デザイン」大賞を獲得。2016年には英国「デイリー・メール」紙の「世界優秀塗装機トップ8」にランクインし、米国旅行雑誌Global Travelerから2016年度優秀カスタマイズサービス賞(Outstanding Customized Service)を受賞しました。

EVA AIR Business Class

エバー航空のビジネスクラスは
ここがすごい!

イメージ

機内食へのこだわり

中華、洋食、和食など台湾ならではの多彩なお料理が楽しめます。和食、台湾料理は有名店の味を再現した一級品。特殊な理由で特別食を希望する場合やベジタリアンミール、宗教食、キッズミールや病理食なども24時間前までの予約で注文することが可能です。

イメージ

人間工学に基づいたビジネスクラスのシート

2003年A330-200型機を導入して革新的な「プレミアムローレルクラス」を創設。最先端のオンデマンド方式エンターテイメントシステムAVOD(Audio/Video on Demand)を全クラスに配備し、航空業界に新風を吹き込みました。2012年ボーイング777-300ER型機に創設した「ロイヤルローレルクラス」では、リクライニング式フルフラットシートを採用してお客様のプライベート空間を確保し、ラグジュアリーで快適な機内環境とアメニティグッズを提供しています。

イメージ

ハローキティジェット・空飛ぶサンリオワールド!(エバー航空特別塗装機)

エバー航空とサンリオ社は、『ハローキティ』や『ぐでたま』をはじめ、サンリオ社の人気キャラクターをテーマにした特別塗装機の運航を開始。それぞれ「シャイニングスター」「サンリオファミリージェット」などの塗装機があるほか、機内にも枕やトランプにキャラクターがプリントされ、まさにサンリオワールド。ビジネスクラスを利用すれば、座席にゆとりがあるぶん、お気に入りのサンリオキャラクターをゆっくり堪能することができるでしょう。

Service

ここがポイント!
サービスのご案内

エンターテイメントシステムも充実したビジネスクラスシートや一部機材にフルフラットシートを採用してプライベート空間を確保し、ラグジュアリーで快適な機内環境とアメニティグッズを提供しています。一部路線では、台湾ならではの有名店のメニューが楽しめる機内食を始め、「サンリオ」と提携したキャラクタージェットなど、他キャリアにはない工夫がいっぱいです。

シート(座席)について

エバー航空では、「ロイヤルローレルクラス」「プレミアムローレルクラス」「ビジネスクラス」と、それぞれお客のニーズに合わせた3つのビジネスクラスシートが用意されています。

イメージ

A330-300(成田⇔台北線)

新機材(A330-300)にフルフラットビジネスシートを搭載。2-2-2の座席配置で通常の座席よりも61~62インチも幅が広くなっています。また人間工学に基づいたデザインとなっているので、長時間のフライトでも快適に過ごすことができるでしょう。くつろぎ空間とビジネス空間としての両方の機能を兼ね備え、AC電源や個人用読書灯も完備。SMSやメール、衛星電話も利用でき、機内にいても全世界と連絡がとれます。

イメージ

イメージ

3つのビジネスクラス

「ロイヤルローレルクラス」では、静かにゆっくりと休むことができる環境を提供。「プレミアムローレルクラス」は快適な座席環境だけではなく、最高のサービスも提供する次世代のビジネスクラスです。「ビジネスクラス」は、”出張時の移動をモバイルオフィスに”がコンセプト。どれもフルフラットシートを採用しています。

機内食(ダイニング)について

中華、洋食、和食など台湾ならではの多彩なメニューが自慢。一部の路線では厳選された食材から有名店の味を機内で楽しむことができます。また、オンラインでメインディッシュを事前予約することも可能。限定メニューもあるので、ぜひ事前にチェックを!

イメージ

イメージ

イメージ

お食事

洋食、和食の他に、台湾らしいメニューもラインナップされているエバー航空の機内食。厳選された食材と新鮮さで、調理方法など工夫を凝らしたメニューをお召し上がりいただけます。世界各国の定番グルメなども厳選された豪華な食材を使用したお食事をご堪能下さい。

機内サービス(エンターテインメント)について

前席のシートバックに装着モニターは、10.4インチ(A330-200型機)最先端のオンデマンド方式エンターテイメントシステムAVOD(Audio/Video on Demand)を配備、(747-400機)~15.4インチ(A330-300型機)で、ノイズキャンセリングヘッドホンを備えていますので、臨場感ある音を楽しむことができます。また、100以上の映画、テレビ、音楽チャンネルと10種類のゲームが楽しめますので、退屈することもありません。

イメージ

イメージ

最新の映画・テレビ番組・音楽

最新のインタラクティブエンターテイメントシステム「スターギャラリー」最新鋭AVOD(オーディオ・ビデオ・オンデマンド・システム)機内エンターテイメントシステムを搭載。15.4インチの液晶モニターとノイズキャンセリングヘッドホンを備え、100以上の映画、テレビ、音楽チャンネルと10種類のゲームを心行くまで楽しむことができます。

空港サービス(ラウンジ)について

台湾桃園空港には4つのラウンジを完備。ビジネスクラスのお客様が利用できるラウンジは、「THE INFINITY」となります。中華料理、洋風料理と多彩なお食事のメニューが用意されているほか、無料Wi-Fiも利用が可能です。

イメージ

桃園空港ラウンジ「THE INFINITY」

きらめく星空、輝くスターツリー、優雅な曲線の壁で構成された近未来的なスペースの「The Infinity」ではおいしい中華、洋風の多彩な料理がそろっています。広々としたシャワールムも完備しており、ラウンジの各座席には電源コンセントを配備。ビジネスや旅行者のニーズに合わせて、全エリアでWI-FIが利用できます。

Recent Articles

新着情報

2020.12.11ニュース

ビジネスクラス徹底比較ガイド【公式】リニューアルのお知らせ

もっと見る

2019.12.23ニュース

2020年5月~10月発
カタール航空のビジネスクラスで行くヨーロッパの旅【成田・羽田発】

もっと見る

2019.12.12ニュース

ベトナム航空ビジネスクラスで行く
神秘的な祈りと微笑みの国ラオス7日間(ルアンパバーン・ビエンチャン・パクセ)【名古屋発】

もっと見る

2019.11.25ニュース

キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く
砂漠リゾートホテルとダウンタウンJWマリオットに泊まる ドバイ 6日間【名古屋発】

もっと見る

Recommended Tours

おすすめツアー