クルーズ旅行は、クルーズマスターが在籍する名鉄観光へ。

header_img

MENU

CRUISE BLOG

icon_post_news

スペクトラム・オブ・ザ・シーズ

2020.2.19

【クルーズブログ】年末年始にご参加いただきましたN.T様よりクルーズ体験記をいただきました。「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」

年末年始にご参加いただきましたN.T様よりクルーズ体験記をいただきました。
12月28日より出港したスペクトラム・オブ・ザ・シーズの体験記です。

title

 

 2019年12月28日発 スペクトラム・オブ・ザ・シーズ 夫婦2人で乗船
今回は香港観光付きのツアー意外と楽しめた。

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

旅行1日目
★日本より、空路香港へ

入国審査はアメリカに比べてスムーズに入れた印象。日本人だからでしょうか?
初日は香港のホテル。
HARBOUR PLAZA 8 DEGREES
部屋はきれい、電源は変換プラグあった方が便利、USB差込口あり。
洗面台の蛇口・シャワーの蛇口は独特 日本とやり方が違う。
朝食ブッフェは頼まなくてもよいレベルであった。


 

旅行2日目(乗船1日目)
★香港から「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」に乗船!

2日目のお昼にスペクトラム・オブ・ザ・シーズに乗船
中国発着クルーズにはロイヤルカリビアンのキープログラムがなかったので優先搭乗はスイートの人のみ。
船内のWi-Fi環境は思った以上にサクサクうごく。動画やアプリゲームも十分できて1日20ドル程度。1デバイスの購入のみでアカウント切り替えも可能。キープログラムがあるエリアなら付与することを推奨。

部屋に入れるのが13時30分からなので、まずは食事。昼食はwindjammerで、早めに乗船していたので窓側の席を確保できた。12時30分くらいから激混み。
避難訓練はロイヤルシアターでビデオをみながら。いつの間にか出航していた。

 

夜はシルクロードというSHOWをみた。船全体が揺れており、海域のせいなのか?カリブ海ディズニークルーズと比べると酔いやすいので酔い止めは必須。妻は終日船酔い。
夕食はマイタイムダイニングで20時に設定。平均15分以上は待たされた。メニューは日本語メニューもある。また、ロイヤルカリビアンのアプリでも掲載されているので事前に食べたいものはチェックできる。メインは平均して3品頼んだ。外国船だから魚より肉の方が日本人の舌にあう。妻は船酔いのため、特別に前菜にデザートのフルーツのみをお願いした。
船酔いのため妻は就寝。9時からのSHOWは一人で観賞。15分前から満員になるため早めに行くことをおすすめ。


 

旅行3日目(乗船2日目)
★本日は終日ゆったり航海日

朝食はいつもwindjammerで。
注文受けてからつくるオムレツは平均15分待ち 具材はいつもall of them more cheese。
コーヒーは薄いからおすすめしない。ホット豆乳あるから 豆乳ラテに。搾りたてのオレンジジュースは朝食にしかないから、いつもテイクアウト。

日中は食事をベースにフィットネスジム、プールその他のアクティビティから予定を組む。
船長のウェルカムパーティはシャンパンで乾杯 ノンアルコールカクテルもある。

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

夕食は楽しみにしていたジェイミーズイタリアンで。スペシャリティレストランでランチもディナーも値段は一緒。確か一人当たり40ドルのカバーチャージ。
日本にない店だし、普通に店で食べたら100ドル超えたからだいぶお得

炭酸水進められたけど色々食べたいから冷水だけにした。有名は肉の盛り合わせ、塩気もちょうどよく下戸でもいける。

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

 

トリュフのアランチ ライスコロッケで風味がよく揚げたて 一番好きだった。
ガーリックパン メインダイニングと違いふわふわ焼き立てでサーブ パルミジャーノとフェンネルが効いている。
焼きキノコ トリュフが香り、クリスピー生地で、軽く食べられる。
パスタは全部自家製麺。おすすめの有名なエビのパスタは エビがぷりぷり、フェンネルが強く、ピリ辛だから食欲がわく。トリュフのパスタは 濃厚なクリームソースと平打ち麺がベストマッチ!ラザニア イタリアの家庭料理 濃厚なチーズとトマト。
ジェイミーバーガー トマト嫌いだけど一緒に食べると旨いバランスがいいバーガー。
トリュフのチップス ポテトチップスかとおもったらびっくり、そういえばフィッシュアンドチップスよりもラムチョップを勧められたから食べておいてもよかったな。メインを食べ終わるとデザートメニューを持ってきてくれる。

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

アイス マスカルポーネチーズ、ベルギーチョコ、バニラ 全部濃厚でジェラートみたいだった。シャーベット マンゴー、ラズベリー、レモン 濃厚アイスと交互に無限に食べられる。レモンのチーズケーキ 甘さと酸味がちょうどいい。イタリアンだから頼んだけど ティラミスはふつう。

夕食後にメインダイニングでお肉だけおかわり。プライムリブ ミディアムレアで頼んだのに完全に火が入りすぎてた 残念。
ジャパニーズステーキ ガーリックが効いて焼き方も抜群 こちらは美味。

 

 スペシャリティレストランだから終始サービスで気にかけてくれる。
一人だけジェイミーの衣装の人がいた。7時過ぎると混んでくるから5時台がおすすめ。


 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

夕食後にSHOWをみて就寝。夜中のジャグジーは疲れがとれる。

 


旅行4日目(乗船3日目)
★この日は寄港地観光日

ベトナムに惹かれなかったのでスルー。
船内の卓球台、プールなどほぼ貸切状態だから寄港地日に船内で過ごすのもおすすめ。
大晦日なので夜に備えて日中はたっぷりお昼寝。

フォーマルナイトのディナー。カジュアル船なのでスーツ4割程度だった。


 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

ビーフタルタル 日本では食べられなくなった完全なユッケ。
ロブスターサラダ ぷりぷりのエビ。
七面鳥のオーブン焼き しっとりして甘味のソースもばっちり。
ビーフウェリントン 牛肉のパイ包み焼き ミディアムレアばっちり。
仔牛の煮込み ほろほろの肉で一番好き。
黒トリュフのリゾット 濃厚なチーズ 栗の甘味 エシャロットのしゃきしゃき。
チョコレートムース 甘さ控えめで美味。
チョコケーキ 外国船特融で甘すぎた。

 

 フォーマルナイトでシェフも気合が入っていて、全部美味しかった。


 

 夜食でもwindjammer。

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

メインダイニングと同じメニューも多く 七面鳥の足まるごと。メインでおいしかったものの おかわりに最適。
焼き立てピザはクリスピー生地 おすすめはベジタブル。

船内での年越しカウントダウンはダンスパーティー。欧米系の人はリズム感いいね!

 


旅行5日目(乗船4日目)
★終日航海日

この日はアクティビティで攻めた。

シープレックス内 バンカーカー
  追加料金なし 並べば乗れる 平均30分待ち。衝撃は少ないからぶつかっても平気。
スカイパッド(バンジートランポリン)
  VR付きで15ドル VRの映像は静止画?だから目隠しと同じ。トランポリン跳ねるタイミングが大事。着地したら踏み込んでジャンプ
見た目以上に筋肉使う。予約もロイヤルカリビアンのアプリから簡単にできる。
フィットネスのレビュー
  人気のランニングマシン、バイクは台数が10台くらいしかなくて 結構待つ。
船の大きさに対してはマシンが少なめ。早朝と深夜に通っていた。備え付けのタオルがあるから持参する必要なし。水筒持参推奨。

ロッククライミングは雨天中止が多く、参加できなかった

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

毎晩、ラスベガススタイルのショーが行われている。
アメリカのオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」(AGT)を勝ち抜いた人や船専属のパフォーマーたち
良い席とるには40分前から行っていた方がよい。最前列で見ると迫力!

 


旅行6日目(乗船5日目)
★下船

朝食をwindjammerでとり9時に下船。そのまま香港観光へ。

黄大仙 香港
 旧正月前で人が多かった。香港で初詣
アベニューオブスターズ
 雰囲気はシドニー。現地ではブルースリーが人気、ジャッキーチェンは不人気??
詠藜園

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

ミシュラン一つ星を獲得した担々麵。1杯約500円。辛さは蒙古タンメンなみ。麺は博多とんこつのような細麺。あらびきのナッツがいいアクセント。コクがありながら塩味がちょうどよく、さっぱりしていて飲み干せる一杯。小籠包はどの店も美味

 

スペクトラムオビブザシーズ年末年始クルーズ

レパルスベイ
  白い砂浜。ヨーロッパ感。お土産店でオラフのおもちゃを値切って2割引き 80HKドル。

ビクトリアピーク
  夜景。8分間のプロジェクションマッピング

香港ディズニーはあまり混んでないとガイドさんが言っていたので、最終日にディズニー行ってみてもよかったかもと妻が言っていた。

 

 深夜便で日本へ帰ってきて、旅行おしまい。


 

N.T様
この度は名鉄観光をご利用いただきまして誠にありがとうございます。また、スペクトラム・オブ・ザ・シーズのクルーズ体験記もおよせいただきましてありがとうございます。船内でのお食事の様子が大変伝わってまいりました。年末年始ということもあり、非常に混んでおりましたが船上でのアクティビティもお楽しみいただけたとお伺いできこちらも嬉しく受け止めております。
またご旅行のご計画をお立てになる際は、是非ご相談下さいませ。よりご希望に添えるツアーをご紹介させていただきます。
この度は誠にありがとうございました。名鉄観光

 

スペクトラム・オブ・ザ・シーズはロイヤル・カリビアンの運営するクルーズ客船です。

>> ロイヤル・カリビアン 各クルーズ船のツアー一覧はこちら

 

 

ご予約・お問合せ

■電話でのご予約・お問合せ
名鉄観光サービス株式会社 クルーズセクション
03-6625-8181
(営業時間 平日のみ、土日祝日を除く10:00~18:00)

 

■お申込み・お問合せメールフォーム
お申込みだけでなく、お問合せやクルーズに関する質問などお気軽にお問合せください。

お申込み・お問合せメールフォーム

 

名鉄観光では、クルーズマスター、クルーズコンサルタントが皆様からのお問合せにお応えしております。
ご予約だけでなく、疑問・質問などお気軽にお電話下さい。

© Royal Caribbean
吉田

クルーズコンサルタント

吉田
yoshida

添乗員歴15年の間に60カ国を訪れました。大航海時代の名残があるスペインやポルトガルが大好きです。海外の寄港地についてのお問い合わせも承ります。ダイナミックな地球を感じながら、波の音に癒されながら、旅できるのがクルーズの魅力のひとつ。これから益々身近になるクルーズ旅行でぜひ新しい発見を!

クルーズ客船から選ぶ

エリアから選ぶ

    WP_Term Object ( [term_id] => 232 [name] => ヨーロッパ [slug] => europe [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 232 [taxonomy] => blog-term [description] => [parent] => 246 [count] => 6 [filter] => raw [term_order] => 0 )
  • ヨーロッパ
  • WP_Term Object ( [term_id] => 233 [name] => 日本 [slug] => japan-area [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 233 [taxonomy] => blog-term [description] => [parent] => 246 [count] => 13 [filter] => raw [term_order] => 0 )
  • 日本
  • WP_Term Object ( [term_id] => 235 [name] => アジア [slug] => asia [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 235 [taxonomy] => blog-term [description] => [parent] => 246 [count] => 6 [filter] => raw [term_order] => 0 )
  • アジア
  • WP_Term Object ( [term_id] => 242 [name] => カリブ海・中米 [slug] => carib [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 242 [taxonomy] => blog-term [description] => [parent] => 246 [count] => 1 [filter] => raw [term_order] => 0 )
  • カリブ海・中米

日本発着から選ぶ

    WP_Term Object ( [term_id] => 326 [name] => 日本発着 [slug] => %e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%99%ba%e7%9d%80-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%99%ba%e7%9d%80 [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 326 [taxonomy] => blog-term [description] => [parent] => 325 [count] => 1 [filter] => raw [term_order] => 0 )
  • 日本発着
  • WP_Term Object ( [term_id] => 328 [name] => 日本船 [slug] => japan-port-ship [term_group] => 0 [term_taxonomy_id] => 328 [taxonomy] => blog-term [description] => [parent] => 325 [count] => 1 [filter] => raw [term_order] => 0 )
  • 日本船