クルーズ旅行は、クルーズマスターが在籍する名鉄観光へ。

シドニーより出航するマリーナ

MENU

Why Cruise Trip?

~クルーズの選び方と基本をマスターしよう~

icon_bg_ttl

クルーズ客室の選び方

安さが魅力の内側客室から、窓付きの海側客室、バルコニー付き客室、贅沢なスイートルームまで、客室は大きく4タイプに分かれます。

© Oceania Cruises, Inc.

icon_howto_select
内側客室 bg_img_01
© Princess Cruise

1

内側客室

客室は寝る場所と割り切るタイプや、超大型客船では活用度大

アミューズメントパークさながらの超大型客船なら、プールやカルチャー教室、ショーやカジノ、カフェ&バーと、パブリックスペースで過ごす時間が多くなります。また毎日のように寄港し、観光のために船外へ出ている時間が大半となるコースも。そんな客船やコースを選び、客室の滞在時間が短くなりそうなら、窓がない内側客室も要チェック。なんといってもクルーズ代金が安いので、一度の旅の予算を抑えて、毎年のようにクルーズを楽しむリピーターに活用されています。「部屋に閉じこもっているより、自分は出歩いている方が楽しい」タイプの方ならOKの内側客室。閉塞感を打破するために、外の景色をリアルタイムで映し出すモニターが付いている船もあります。

海側客室 bg_img_02
© Princess Cruise

2

海側客室

朝昼夕に色彩を変える海。その光景が見えるだけで開放感もUP!

クルーズ代金は安めに抑えたいけれど、朝はやっぱり窓から入る自然光で目覚めたい、という方には海側客室がおすすめ。朝昼夕と刻々と色を変える海と空が、一日の時間のリズムを作ってくれます。また景色が見えることで、自分の乗っている客船が今どこを航行しているかもつかみやすくなります。

揺れが心配な方は、船の中央部を選ぶといいでしょう。これは他の客室にも言えることですが、船首や船尾の客室よりも、中央部の客室のほうが揺れる度合いが少なくなります。さらにエレベーターや階段の近くの客室なら、パブリックスペースとの行き来も楽です。美しい夕陽が見えたときなどは、パッとデッキに出て景色を楽しみましょう。

バルコニー付き客室 bg_img_03
© Princess Cruise

3

バルコニー付き客室

潮風を肌で感じながら、自分の部屋でのんびりくつろげます

はじめての方こそ、ぜひ体験していただきたいのがバルコニー付き客室。天井まで大きくしつらえられた窓のおかげで、開放感もたっぷりです。バルコニーに出れば心地よい潮風に吹かれ、あたかも大海原を独占したような気分に。

バルコニー付き客室が本領を発揮するのは沿岸に美しい街並みが次々と現れるヨーロッパ方面や、ドラマティックな大自然が魅力のアラスカや北欧フィヨルド。バルコニーのデッキチェアで景色を眺めながら、ルームサービスの朝食で一日がスタートする…そんな贅沢な過ごし方もかないます。ラグジュアリー客船では、全室海側バルコニー付きを謳っている客船がほとんど。カジュアル客船も近年、バルコニー付き客室の比率を増やしているので、手ごろな代金で利用できるようになってきました。

スイート客室 bg_img_04
© Princess Cruise

4

スイート客室

結婚記念日などの記念旅行に利用するのもよし!

室内空間が広く、リビングとダイニング、ベッドルームが個別に分かれていることも多いスイート客室。日本人にはうれしいバスタブ付き浴室も多いから、海を展望しながらゆったりのんびりお風呂に浸かることも可能な客船も。専属のバトラー(執事)が付く客船も増えていて、「メインダイニングでの食事もいいけれど、ワンランク上のレストランを予約しておきたい」「自分の部屋でアフタヌーンティーを楽しみたい」といったリクエストにも迅速丁寧に対応してくれます。ほかに乗下船を真っ先に案内されたり、有料レストランやスパを優先予約できたりとVIP扱いが多いスイート客室。

近年、カジュアル船でもラグジュアリー船のスイート客室で得られる贅沢な洋上ライフを提供しようという傾向にあります。そうした客船では、最上階にスイート利用の乗客だけがが出入りできるエリアを設け、食事からアメニティにいたるまで、ハイクラスのサービスを提供します。カジュアル客船ならではのダイナミックな施設を満喫しながらラグジュアリーなサービスを受けられると好評です。

icon_contents_articles
icon_ttl_recent_articles
icon_bg_ttl

Recent Articles
新着情報

icon_post_news

ニュース

2024.5.24

【飛鳥Ⅱ】2025年いよいよ最後の世界一周クルーズ へ!~6月14日発売開始~

2006年より始まった飛鳥Ⅱの世界一周は2025年で最終章を迎えます! 本日、飛鳥Ⅱの「2025年世界一周クルーズ」が発表となりました! 2006年より運航している「飛鳥Ⅱ」は、来年の飛鳥Ⅲ就航を迎えるにあたり、いよいよ […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

uehara
上原

【飛鳥Ⅱ】2025年いよいよ最後の世界一周クルーズ へ!~6月14日発売開始~
icon_post_news

ニュース

2024.5.24

《期間限定特別代金》オーシャニア待望の新造船【アリューラ】2025年就航クルーズ

海外で大人気のプレミアム客船「オーシャニア」待望のAクラス2隻目就航クルーズ アッパープレミアム客船として海外でも大変人気の「オーシャニアクルーズ」。 プレミアム客船ながら、「simply MORE」というオールインクル […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

matsubara
松原

《期間限定特別代金》オーシャニア待望の新造船【アリューラ】2025年就航クルーズ
icon_post_news

ニュース

2024.5.20

《待望のデビューコース速報》MITSUI OCEAN FUJI ~2024年12月デビューの6コース~

商船三井クルーズ新ブランド「MITSUI OCEAN FUJI」のデビューコースが発表されました!   商船三井クルーズが立ち上げた新ブランド「MITSUI OCEAN CRUISES」の第一弾クルーズ船としていよいよデ […]

icon_post_list_arrow

kitakado
北角

《待望のデビューコース速報》MITSUI OCEAN FUJI ~2024年12月デビューの6コース~
icon_post_news

クルーズ相談会

2024.5.16

《5/25(土)緊急開催》クルーズ無料説明会 in六本木ヒルズ ~イタリアンフェス内~

イタリア大好き集まれ!人気のアモーレ・ミオ イタリアンフェス内にて、エクスプローラーⅠのクルーズ説明会を開催! 5月25日(土)26日(日)東京・六本木ヒルズにて、 日本最大級イタリアンフェスティバル「Italia, a […]

icon_post_list_arrow

クルーズマスター

koizumi
小泉 芳弘

《5/25(土)緊急開催》クルーズ無料説明会 in六本木ヒルズ ~イタリアンフェス内~
icon_post_news

ニュース

2024.5.11

《読売・朝日新聞朝刊掲載》【ダイヤモンド・プリンセス】2025年日本発着クルーズ

2025年を予約するなら早めが断然お得! 間もなく今年の日本発着クルーズがスタートする「ダイヤモンド・プリンセス」。2024年日本発着クルーズも大変人気で、ほとんどのコースでいっぱいの状況です。 本日5/11(土)、読売 […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

yahata
八幡

《読売・朝日新聞朝刊掲載》【ダイヤモンド・プリンセス】2025年日本発着クルーズ

新着情報をもっと見る