日本の祭り

日本の「祭り」再発見

© 青森観光コンベンション協会

日本の祭りを知り、楽しむ旅

「祭り」は、土地の長い歴史が育んだ、文化の集大成。「祭り」を知り、楽しむことは、その町を知り、楽しむこと。

日本の祭りの魅力


1. 「祭り」を知る

「祭り」は、日本全国津々浦々で催されています。十万人規模が集う「祭り」から、規模は小さくとも地域文化に根差した「奇祭」まで、催される「祭り」も、千差万別です。「祭り」というものは、その地の歴史・文化に培われてきた催事です。その地の文化の集大成であり、その地を象徴する存在、とも言えるでしょう。「祭り」を知り、楽しむことは、その地のことを知り、楽しむことでもあります。観光地を回り、温泉やリゾートで寛ぐ旅も楽しいですが、訪れた地域に深く触れることは難しいでしょう。「祭り」に触れることで、地域の良さや特色を掘り下げ、より深くディープな楽しみを味わうことができるでしょう。

© とやま観光推進機構


2. 「祭り」を観る

若人たちが、神輿を担ぎながらのぶつかり合い。夜空に描く光の芸術、花火大会。地域の人々でチームを組んでの、美麗な踊り…一言で「祭り」と言っても、その中身は多様です。ギャラリーの一人として、祭りを「観る」ことも楽しみの一つですが、見物客が多いので、立ち見にならざるを得ません。桟敷席を確保して、じっくりのんびり鑑賞できれば、より楽しみも増すことでしょう。町中は屋台も出店し、その土地ならではグルメも味わえます。「観る」合間の屋台めぐり・食べ歩きも、祭りの楽しみの一つです。味覚からも、「祭り」を味わうことができます。その地の「祭り」を、そしてその土地を、五感で存分に味わい尽くしましょう。


3. 「祭り」を体験する

「観る」だけでも楽しい「祭り」ですが、観るだけではなく「参加者」になることで、「祭り」はもっと楽しくなります。旅行者が飛び入り参加ができる「祭り」は、意外に多いものです。飛び入り参加の受付窓口が用意されている「祭り」もあり、衣装が必要ならば、町中の露店で調達できるところもあります。でも踊りが分からない…そこは、見よう見真似で何とかなるものです。あとは、一歩前に踏み出す「勇気」があれば、参加者としての、「祭り」の新たな楽しみが開けていきます!「観る」だけではなく、実際にその中に飛び込んで、全身で「祭り」を体験しませんか?そうすれば、「祭り」はもっと楽しくなります。

旅のプロがおすすめする日本の祭りとっておきプラン


1. 秋田県横手市 横手かまくら

© 秋田県観光振興課

横手かまくらは、毎年2月15・16日の夜に行われる小正月の伝統行事で、みちのくの冬の風物詩としても有名です。横手は日本有数の豪雪地帯だけに、雪量も豊富!高さ3メートルもの雪のやしろ「かまくら」が、市内全域に100基もつくられます。もともとは、「かまくら」の中にまつられた水神様にお賽銭を上げて、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣などを祈願する行事です。その名残で、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」といいながら、子供たちに甘酒やおもちをふるまう習慣が残っています。横手周辺には、女性に人気の乳頭温泉もあり宿泊先としておすすめ。ご当地うどん「稲庭うどん」の食事や製造体験も楽しめます。

ツアーは準備中


2. 2022年・3年ぶりに催行決定 京都の夏を司る「祇園祭」

祇園祭は千年以上の歴史を持つ京都・八坂神社の祭礼で、元々は夏に発生しやすい疫病を除けることを祈願して行われます。7月1日の吉符入りに始まり、宵山、山鉾巡行、神幸祭、花笠巡行、環幸祭などの諸祭行事を経て、7月31日の疫神社夏越祭で終わる約1か月間のお祭りで、京都市内の中心部や八坂神社で行われ、期間中の京都は祭りの熱気に包まれます。祇園祭は京都三大祭(葵祭・時代祭)や日本三大祭(大阪天神祭・東京山王祭や神田祭)、日本三大曳山祭(高山祭・秩父夜祭)など、数々の三大祭の1つにあげられています。祭りのクライマックスは特に17日(前祭)と24日(後祭)の山鉾巡行で、特に山鉾の進行方向を変える勇壮な「辻廻し」は見どころです。この祇園祭の山鉾巡行はユネスコ無形文化遺産にも指定されています。

祇園祭を楽しめる京近江泊のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー