春の花と新緑

春の花の名所、爽やかな新緑のスポットを訪ねて

桜の名所、芝桜、チューリップ、爽やかな新緑のスポットを訪ねる旅

桜の名所はもちろん、芝桜やチューリップなど春の花を満喫できる場所、新緑の爽快さを感じる場所をご紹介します。

春の花と新緑の魅力


1. 美しすぎて感動!桜の名所を訪ねる

桜は春ならではの絶景。日本にはその美しさに感動してしまう桜の名所がたくさんあります。長い路に沿って咲き誇る桜の中を歩く桜のトンネル、大きく広がり垂れ下がる枝いっぱいに美しい花をつける樹齢数百年のしだれ桜、山肌いっぱいに咲いて山全体をピンク色で覆う桜、川に沿って咲く桜並木、お城と桜のコラボレーションなどなど。有名なところでは、日本三大夜桜のひとつ青森県の「弘前公園」、樹齢1,000年を超えるベニシダレザクラの一本桜が見事な福島県の「三春滝桜」、日本三大桜名所のひとつ奈良県の「吉野山」、富士山と桜のコントラストが美しい山梨県の「新倉山浅間公園」など、他にも枚挙にいとまがないほどの名所があります。次はどんな桜を見に行きましょうか。


2. 花の絨毯が圧巻!芝桜やチューリップの名所を訪ねる

山肌をあざやかなピンク色で染め上げる芝桜のじゅうたん、赤・白・黄色など色とりどりの花を咲かせるチューリップ畑も春を代表する色彩豊かな絶景です。芝桜の名所の中でも特に人気が高いのが、約10万平方メートルの敷地に芝桜が広がる北海道の「東藻琴(ひがしもこと)芝桜公園」、西日本最大級の広さを誇る広島県の「Flower village 花夢の里」、富士山を目前に、芝桜が広がる光景が圧巻の山梨県の「富士本栖湖リゾート」です。いずれも規模が大きく、満開時には一面芝桜という絶景を堪能することができます。チューリップのスポットは、富山県の「砺波(となみ)チューリップ公園」がおすすめです。国内最多の約250万本ものチューリップが咲き誇る絶景が楽しめます。


3. 太陽の光を浴びてキラキラ輝く新緑のスポットを訪ねる

春から夏へと移ろい始める季節に見たい景色といえば、緑豊かな新緑の絶景です。太陽の光をあびてキラキラ輝く新緑のシャワーの中で、思い切り深呼吸して爽やかさを全身で感じてみたいものです。そんな新緑の中でも、思わず神々しさすら感じてしまう神秘的な絶景スポットをいくつかご紹介します。渓流沿いの散策路を歩きながら新緑の世界が楽しめる青森県の「奥入瀬渓流」、底が見えるほど透き通った池の青と木々の緑のコントラストが美しい青森県の白神山地にある「青池」、京都の中でも特に人気の高い新緑スポットの「瑠璃光院(るりこういん)」などが有名です。鏡のようにキラキラと輝く水面に青い空が映る棚田もこの季節ならではの絶景としておすすめです。

旅のプロがおすすめする春の花と新緑とっておきプラン


1. 東藻琴(ひがしもこと)芝桜公園(北海道)

「東藻琴(ひがしもこと)芝桜公園」は、北海道を代表する芝桜の名所。爽やかな風が吹く春から初夏にかけて、広大な公園の丘陵一面にピンク色の芝桜が絨毯を敷き詰めたように咲き誇り、大パノラマの絶景が広がります。中には赤や白の花もあり、周りの緑を含めた色のコントラストが素晴らしく、雄大さと鮮やかさに思わず息を飲む風景です。芝桜の絨毯の中を歩くと、ほんのり甘い香りも漂います。芝桜ソフトクリームもぜひ味わいたい。北海道女満別空港からもほど近く、雄大な屈斜路湖や知床半島などへも半日圏内。東北海道の大自然めぐりの旅のひとコマに訪れてみてはいかがでしょうか。

ツアーは準備中


2. 世界最大級のブナ林・白神山地(青森県)

青森県から秋田県にまたがる広大なエリアの一部が世界自然遺産に指定された白神山地。春の白神山地は残雪の中でブナが芽吹き、ブナの花がみられるのはこの時期ならでは。新緑の中を歩くと、足元には残雪の中で可憐に咲く小さな花も見られます。33の湖がある十二湖エリアにあるコバルトブルーの色彩が美しいといわれる「青池」もぜひ立ち寄りたいスポットです。白神山地観光の拠点となる「白神山地ビジターセンター」へは弘前市内から車で約30分。有名な弘前城の桜とセットで楽しむという贅沢なプランもおすすめです。

ツアーは準備中


カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー