アクティブ派プラン

旅行先の魅力を肌で感じる

旅先の魅力をふたりでアクティブに楽しむハネムーン

マリンスポーツや自然散策などのアウトドアはもちろん、史跡めぐりやスポーツ観戦などふたりらしいスタイルのハネムーン。

アクティブ派プランの魅力


1. 歴史・文化を訪ね、日本を再発見

日本には海外の有名な観光スポットに負けない、素晴らしいスポットがたくさん存在しています。結婚というタイミングで、これからの人生を伴にする相手と住む日本という土地の素晴らしさを再発見するハネムーンが人気です。日本の歴史を感じる旅行先というと京都が定番ですが、京都以外にも歴史や文化、日本の原風景を見ることができるスポットはたくさんあります。将来、銀婚式や金婚式などの節目に再度訪れ、同じ場所で記念写真を撮って、ふたり、そして家族の想い出として重ねていくのも素敵です。また、旅先の寺社仏閣に足を運んで御朱印めぐりをすれば、その御朱印帳がふたりで作りあげるハネムーンの記念品になりそうです。


2. 自然を肌で感じる

ハネムーンといえばモルディブやハワイ、グアムなどのビーチリゾートのイメージが強いですが、国内のビーチも見逃せません。沖縄本島には足を運んだことがあっても、離島は未体験!という方も多いのではないでしょうか。ダイビングファンの間でも人気の宮古島はリゾートホテルも多く、海外リゾートに足を運んだかのような美しい宮古ブルーのビーチが広がります。ホテルに相談をすれば、初心者でも参加しやすいシュノーケルやダイビングの体験も見つけられるので、事前にふたりで調べなくても気軽に自然との触れ合いを楽しめます。そのほか、屋久島で縄文杉のトレッキングや北海道の大自然で乗馬にチャレンジしたり、旅先ならではの魅力を全身で感じてリトリートするのもアクティブ派なふたりにおすすめです。


3. スポーツ観戦を楽しむ

共通の趣味が高じて出会ったふたりのなかには、スポーツ観戦が趣味のカップルもいるのでは?普段は身近な場所での観戦を楽しんでいるふたりも、せっかくならハネムーンで遠征観戦をしてみるのもおすすめです。旅先での球場やスタジアムでご当地グルメを楽しんだり、アウェー側での応援はいつもとひと味違った楽しみ方が発見できそう。また、推しの選手の地元へ足を運んで軌跡をめぐってみるのもふたりならではのハネムーンの想い出になりそうです。

旅のプロがおすすめするアクティブ派プランとっておきプラン


1. 日本の新婚旅行の原点をたどる旅

1866年、寺田屋事件で傷を負った龍馬は西郷隆盛や小松帯刀の勧めにより、妻のお龍と湯治のため霧島を訪れました。これが日本で初めての新婚旅行と言われています。鹿児島の塩浸温泉は、龍馬とお龍が11日間も滞在したというお気に入りの温泉。「龍馬資料館」や「龍馬とお龍の新婚旅行湯治碑」など龍馬に関わる観光施設があり、日帰り温泉や足湯も楽しめます。また、近隣には、6世紀に創建されパワースポットとしても有名な「霧島神宮」や錦江湾や桜島まで一望できる「霧島神話の里公園」、西郷隆盛が愛し、彼のすすめで鹿児島に来た龍馬とお龍も滞在した日当山温泉を代表する老舗旅館「野鶴亭」もあるので、一緒に巡るのがおすすめです。

日本の新婚旅行の原点のツアーはこちら

2. ハネムーンの穴場。手つかずの大自然が残る小笠原諸島

東京からおよそ1,000km、太平洋にポツンと浮かぶ小笠原諸島は大小30余りの島々からなる諸島。父島・母島には空港がないため、アクセスは東京の竹芝桟橋から週に1度ほど出る定期船だけ。船に乗ること24時間、ついた先に広がるのはパスポートが必要のない南の楽園です。小笠原の島々は、海も山も手つかずの豊富な自然が残されており、まさに非日常という言葉がぴったりの楽園です。小笠原では、野生のイルカと泳ぐドルフィンスイム、スノーケリング、ダイビング、固有種の生き物に出会えるネイチャーツアーなど自然とたわむれる様々な楽しみ方があります。アクティブ派にとって、ハネムーンの穴場スポットです。

ハネムーンの穴場 小笠原諸島のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー