シドニーより出航するマリーナ

MENU

Why Cruise Trip?

~クルーズの選び方と基本をマスターしよう~

icon_bg_ttl

クルーズでの船上の過ごし方

ひと言にクルーズといっても、「だれと一緒か?」がプラニングの要。「女子旅」「子連れ・3世代」「夫婦」を旅の視点にし、それぞれのクルーズの楽しみ方を見てみましょう。

© Oceania Cruises, Inc.

おすすめの女子旅クルーズプラン

~あれもこれも楽しみたい、欲張り女子にクルーズはぴったり!~
おいしいものをいろいろ食べたい、体に心地よいことが好き、もちろんおしゃべりも大好き…。そんな好奇心いっぱいの女子にとって、クルーズの右に出る旅はありません。乗船したら船がいろいろな土地へ連れて行ってくれるクルーズなら、街から街へと移動する時間もかからなければ、毎晩のように荷造りする手間もかかません。船上でリラックスするもよし、華やかな雰囲気を味わうもよし。クルーズ女子旅なら、やりたいことが盛りだくさんです。

icon_howto_stay
bg_img_01
© STAR CRUISES
stay_list_icon

健康的な朝のヨガ体験

一日のはじまりに行うことで、最大の効果が得られます

基礎代謝力の向上、スタイルアップ、冷え解消などの効果が期待できるヨガ。特別な道具が必要ない気軽さもあり、ヨガのレッスンを設けている客船も数多くあります。デッキで行うレッスンでは潮風を頬に感じながらのヨガは気分爽快。一日が心地よくスタートできます。

bg_img_02
© Mitsui O.S.K Passenger Line, Ltd.
stay_list_icon

ビュッフェでヘルシーな朝食を

野菜やフルーツ、乳製品を軸に、栄養&見た目もバランスよく

朝食は海の見えるビュッフェレストランへ。太陽の光が降り注ぐ洋上、アクティブな一日の始まりには、ビタミンCをたっぷり採り入れたいもの。野菜やフルーツをふんだんに盛って、食物繊維も上手に摂り入れましょう。焼きたてワッフルからデニッシュまで種類豊富なパンコーナーも、女子心をつかみます。

bg_img_03
© Princess Cruise
stay_list_icon

船内アクティビティを活用

癒やされる、学ぶ、遊ぶ!船内アクティビティで女子力アップ

女子ならクルーズ中に一度は体験しておきたいのが洋上スパ。豊富に用意されたマッサージやトリートメントから、熟練スタッフが肌の特質やカラダの具合に合わせたプランを提案してくれます。そして窓の外には青い海。洋上スパならではのシチュエーションは、施術効果を何倍にも高めてくれます。「クルーズ中に必ずスパ!」と考える女性客も多いので、乗船したら早めに予約を。

そしてクルーズでは船内いたるところで多彩なイベントが開催されます。ヨガやストレッチ、ミニゴルフ、ダンスなど、身体を動かすアクティブな内容のものから、料理デモンストレーション、ワインのティスティング、ハンドクラフトなどのお稽古系、ビンゴ大会やコントショーまで、船内新聞にはまるで時間割のごとく、楽しいイベントの案内がひしめいています。

「今日は何をしよう?」。友達同士、スケジュールに頭を悩ますのも楽しいものです。

bg_img_04
© costa cruise
stay_list_icon

クルーズ中に楽しめるファッション

普段は着ないような華やかな色やデザインが、クルーズでは大活躍

クルーズでは、おしゃれを楽しむ場所がいっぱい。乗船中は一度も荷造りの必要がないので、さまざまなドレスアップ・アイテムを持ち込むのもいいでしょう。普段はなかなか着る機会がない華やかな色やデザインの服も、クルーズでは大活躍します。

ビーチリゾートの散策にはサンドレスを。街並みの美しい寄港地でショッピングを楽しむなら大人っぽいパンツスタイルをチョイスして。船上プールで日光浴するなら、思い切って鮮やかな水着に挑戦!

クルーズでは毎晩、ドレスコードが指定されています。とはいえ、堅苦しく考える必要はありません。「おめかしの本番」は、ドレスコードが「フォーマル」の日。カジュアル客船では「フォーマル」といってもひざ下丈ワンピースでOKです。もちろんゴージャスなロングドレスを着てもいいでしょう。自分らしいおしゃれを楽しみながら、ディナーにショーにクラブに、目一杯楽しみましょう。

bg_img_05
© Crystal Cruises
stay_list_icon

ワイン講座で教養を高める

知識が増えると、ディナータイムがより豊かなものに

日中に開催される船内イベントの中で、とくに人気が高いのがワイン講座。フルコースのディナーを毎日堪能できるクルーズでは、食事の際に上手にワインを選びたいものです。ワイン講座ではソムリエの資格をもったダイニングのスタッフがワイン初心者にもわかりやすく解説してくれます。地中海方面に実績のある船会社の客船は、ワインの品揃えも充実。講座にも力が入っています。

bg_img_06
© Princess Cruise
stay_list_icon

船上ならではのランチの楽しみ方

外の景色を楽しめる昼間の食事は、ロケーション選びを軸に

にぎやかなプールデッキならハンバーガーやピザ。ゆっくりとランチを楽しみたい日は、メインダイニングのコースランチへ。気軽に楽しみたいのなら、ビュッフェ方式レストランへ。クルーズではランチもさまざまな選択肢があり、自分の好みで選べます。もちろん寄港地でその土地ならではの味を試す日も。

bg_img_07
© MSC Crociere
stay_list_icon

クルーズだからこそ陽気にダンス教室

社交ダンスだけではない!太陽の下、気楽なダンス講座を満喫

ワルツやタンゴのリズムを男女のペアで踊る社交ダンスは、クルーズからイメージされるものの代表格。船上ではもちろん初心者でも楽しめる社交ダンス教室もありますが、一方でプールデッキで開かれる気楽なダンス講座も人気です。アップテンポな音楽に合わせ、お手本となるクルーを真似て踊るだけ。太陽の下、リズムに乗って心地よい汗をかきましょう。

bg_img_08
© Princess Cruise
stay_list_icon

クルーズ船は女性に嬉しい美容施設が充実

時間を気にせず、トータル・ビューティアップ!

船上ではスパのほか、ビューティサロンを備えている客船がほとんど。予約を上手に組み合わせれば、お肌ケアからネイルのおしゃれ、髪型のイメージチェンジまで、徹底的なビューティ・アップをすることも可能です。とくに夕方以降のドレスコードが「フォーマル」の日には、いつもとまったく違う自分になりたいもの。普段はできないおしゃれを楽しみましょう。

bg_img_09
© CUNARD
stay_list_icon

船上は異文化交流と英会話レッスンの場

ひとつの「箱」に時同じく乗り込んだ仲間意識

人との出会いが多いことも、クルーズならではの魅力。クルーズ中、同じ船に乗り同じ空間で過ごしていると、だんだんと顔見知りができてきます。「昨日も同じツアーでしたね」、「さっきのゲームで賞品を当てていませんでしたか?」。共通の話題があるせいか不思議と会話も弾み、どこか仲間意識が出てくるのです。

特にカジュアル客船は、クルーも乗客も盛り上げ上手なキャラばかり。外国客船で言葉が通じなくても、身振り手振りで不思議とコミュニケーションが成立してしまいます。女同士のクルーズなら、おちゃめなウエイターさんが「そのドレス、すてきだね!」なんてきっとちやほやしてくれるはず。

ラグジュアリー客船は、ゆったりと「社交」を楽しむ雰囲気。極上の一杯を楽しみながら、大人の時間を過ごせます。

bg_img_10
© CUNARD
stay_list_icon

ドレスアップしてフォーマルディナーに出席

ダイニングスタッフ全員がそろう感謝のサプライズ演出も

女子旅なら、フォーマルの日は迷うことなくメインダイニングへ。おしゃれなドレス姿には自然と視線が集まります。顔なじみになったウエイターや同じテーブルの乗客が「ビューティフル!」なんて声をかけてくれるかも! フォーマルの日は料理も華やか。ソムリエおすすめのワインと合わせて、ごきげんなディナーを。

bg_img_11
© Princess Cruise
stay_list_icon

夜もイベントが盛りだくさんのクルーズナイトライフ

クルーズにちなんだカクテルメニューも。知り合った乗客同士で乾杯!

クルーズ女子旅の醍醐味のひとつは、どんなに夜遊びしても、滞在している部屋へ徒歩で安全に帰れること。しっとりムーディーなJAZZバーや、美しい音色が響くピアノバー、ライトアップされたプールサイドのバーなど、客船によってお酒を楽しむスポットも多彩です。気分がのってきたら、夜更けはディスコへ。熱気とフレンドリーな雰囲気を楽しみましょう。

おすすめの家族旅行クルーズプラン

~人数が増えるほど、客船の旅が便利で安心~
家族が集えばよく聞かれる、「今度どこかにみんなで行きたいね!」というフレーズ。とはいえ、世代が違えば旅先での過ごし方も違うし、見知らぬ土地を大人数で動けば迷子問題は避けられません。そこでクルーズの出番!船は多彩な選択肢のある、大きな箱。それぞれの世代ごとに好きな過ごし方ができるし、はぐれても必ず同じ箱の中にいるのですから安心感が違います。船内の施設やイベントを上手に活用すれば、無理せず楽しい子連れ・3世代の旅が可能なのです。

icon_howto_stay
bg_img_01
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

クルーズ旅行は高齢者や車椅子、日本語通訳サポートが万全

クルーズこそ、「カラダに優しい旅」の代表格

「孫と一緒の旅はうれしいけれど、足腰に自信がない」「海外クルーズは言葉が通じないので不安」というおじいちゃん・おばあちゃん世代もいるかもしれません。そんな方でも心配無用。最近の船は極力段差を排したバリアフリー構造になっていて、車椅子で利用できる客室も少なくありません。

語学面での不安をクリアしたい場合は、日本人コーディネーター乗船のクルーズを選びましょう。各種相談はもちろん、船内新聞も日本語のものを用意してくれます。

フルコース料理ばかりで胃もたれしそう、といった不安もあるかもしれません。メインダイニングの食事リストを見ると、ほとんどの客船で低脂肪メニューも選べるようになっています。また近年は日本食レストランやスシバーのある外国客船も少なくありません。それでも不安な方は、日本発着を実施する外国船や、日本船を選ぶといいでしょう。日本人乗客が大多数を占める客船だけに、日本人の口に合う食事に力を入れています。

bg_img_02
© NCL Corporation Ltd.
stay_list_icon

お子様向けのメニューも豊富

朝のダイニングは比較的すいています。細やかなオーダーも気がねナシ

一日のはじまり、朝食は家族全員しっかり食べたいものです。ただし子どもやおじいちゃん、おばあちゃんの食事は、「柔らかめに」「塩分軽めに」「量を減らして」……などアレンジしてもらいたいもの。もし朝食にメインダイニングがオープンしているのであれば、そこへ向かいましょう。要望をウエイターに伝えれば、丁寧に対応されたお皿が運ばれてきます。朝はほとんどの乗客がビュッフェレストランで食事をとるため、ダイニングは穴場に。

bg_img_03
© Carnival Cruise Line.
stay_list_icon

キッズ向けのプレイルーム&プール

思いきり遊んでいるうち、「違う国の子」とも無意識に交流

目にするものすべてに驚いて、心もウキウキの初クルーズ。子どもにとっては圧倒されるばかりで、何から楽しんでいってよいかわからないことも。そんな時は、プレイルーム、キッズルームを目指しましょう。それらの空間が用意されている客船では、子どもが夢中になるようなおもちゃやゲーム、気分をのせるのが上手なスタッフがいます。乳児からティーンまで、年齢ごとの託児サービスを利用できる客船も。楽しいことをして過ごしているうち、言葉は通じなくても異なる国籍の子ども同士で笑いあう姿が見られるかもしれません。

そして子供たちが大はしゃぎ間違いナシなのが、水遊びゾーン。大人用プールとは別に、噴水やウォータースライダーを組み込んだプールを擁する客船もあります。

bg_img_04
© Mitsui O.S.K Passenger Line, Ltd.
stay_list_icon

家族みんなで遊べるシャッフルボード

潮風を感じながら、クルーズならではのウォーミングアップ

シャッフルボードとは、デッキの上に描かれたピラミッド形状の得点盤に向かって、円盤を細長い棒で突き出し合計得点を競うゲーム。シンプル&簡単なので、小さな子どもからおじいちゃん。おばあちゃんまで、みんなで楽しめます。デッキエリアでは、ゴルフやテニス、バスケットボールなども。パパ・ママもたまには得意なスポーツで汗を流してみては!?

bg_img_05
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

誰もが感動する大迫力のエンターテイメントショー

華やかな時間に、家族全員の目が輝きます

夕方以降の目玉イベントといえば、日替わりの内容で上演されるシアターのショー。ミュージカル、イリュージョン、アクロバティックショー、名曲ダンスメドレーなどなど、ハイレベルな技術に支えられた夢幻の舞台に、パパ・ママ・子どもたち、そしておじいちゃん・おばあちゃんも拍手喝采。家族みんなで共有した感動体験は、クルーズ中一番の思い出になるかもしれません。

家族・3世代の旅では、2回制のメイン・ダイニングのディナーの場合、1回目を選ぶのが無難です。おいしい夕食を食べて、シアターのショーで大興奮したら、子どもたちはそろそろ「おやすみ」の時間。

bg_img_06
© Celestyal Cruises
stay_list_icon

特別感を満喫できる船上キッチンツアー

おじいちゃんやパパも興味しんしん。船上の台所を覗く!

クルーズ中に時おり開催されるギャレーツアー。ギャレーとは船上のキッチンのことで、客船の舞台裏を見学できる貴重な機会です。どんな設備があり、大人数の食事がいかにして作られるか、興味は尽きません。小さな子どもはもちろん、船をあちこち探検したい男性陣にとっても、印象深いひとときになるでしょう。

bg_img_07
© Carnival Cruise Line
stay_list_icon

昼食はデッキのテラス席で洋上ピクニック

パラソルやちょっとした日陰のある席を確保!

バカンスの気分を盛り上げるなら、ランチはぜひ潮風のそよぐ場所で。多くの客船で、ビュッフェレストランからすぐ屋外に出た場所で、食事を楽しめようになっています。テラス席のあるサブ・レストランを利用してもいいでしょう。海の色や雲の形も、ランチタイムの楽しい話題。3世代の旅はとくに、食後ものんびり団らんを楽しみたいものです。

bg_img_08
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

天候に関係なく楽しめるクルーズ船のプール施設

プールサイドのデッキチェアで大人はビールタイム

ピクニック気分のデッキランチを済ませてひと息ついたら、みんなで水着に着替えましょう。子どもたちはお待ちかねの水遊びタイム!その姿に目を細めながら、大人たちはすぐ横でジャグジーにつかったり、デッキチェアで横になったり。開閉式の屋根が付いたプールがある客船もあります。肌寒い日や、天気がイマイチなんて日も、全天候対応型プールならいつでも常夏気分です。

bg_img_09
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

休憩ですぐに部屋に戻れる楽さがクルーズの特長

夜もクルーズを満喫するため、しばし充電タイムに

たくさん食べて、思い切り遊んで、子どもたちはそろそろお昼寝が必要です。おじいちゃん・おばあちゃんも、お部屋に戻ってしばし身体を休めましょう。パブリックスペースで過ごしていた間に、客室係がベッドメイキングと掃除を手際よく済ませています。ふかふかのベッドに飛び込めば、あっという間にスヤスヤ…パパ・ママもソファやベランダで息抜きしましょう。

bg_img_10
© Celestyal Cruises
stay_list_icon

船内ショップはお土産探しにも最適

マリンアイテムからスナック菓子、おみやげ、品揃えは豊富です

クルーズライフに慣れてくると、何か旅の記念になるものを探したくなります。そんな時は船内ショップへ。客船の外観やロゴをデザインにあしらった小物やカジュアルウエア、おみやげ用のお菓子などが多種多様に並びます。船上や寄港地観光で「アレもって来ればよかったな」と気づいた場合も、ビーチサンダルからフォーマルドレスまで、たいていのものは船内ショップで買えるので安心です。

bg_img_11
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

客船内は家族写真の撮影スポット多数

フォーマルの日は、船内各所に撮影スタジオが出現します

家族写真を残すなら、「フォーマル」や「インフォーマル」の日。立派な仕上がりが期待できます。サービス精神豊富なカメラマンに当たれば、大胆ポーズの指示も?! おじいちゃんがおばあちゃんを後ろからハグ、なんて写真もばっちりカメラ目線で残せます。アトリウムのらせん階段で、ドレスアップした家族がナナメ立ちでポーズを取れば、絵画のような一枚に。

bg_img_12
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

思い出に残る記念日やサプライズ

家族のお祝いごとが、乗客&クルーでのお祝いにスケールアップ

家族連れ・3世代と大人数で旅に出れば、だれかの誕生日や記念日がクルーズ中に重なる可能性だってあります。そんなときは、レストランなどでサプライズ演出をリクエストしてみましょう。突然テーブル周りの照明が落とされたと思ったら、目の前には大きな誕生日ケーキ。BGMはその人の大好きな一曲、しかも生演奏で!なんて演出もしてもらえるかも!

おすすめのカップル・夫婦旅行クルーズプラン

~そろそろ、心地よさを追求する大人の旅~
観光スポットを次から次へと飛び回る内容もりだくさんの気忙しい旅も、40~50代になるとそろそろ卒業です。夫婦の旅は次なるステージへ。”自分たちのスタイルで”旅の時間を過ごす、そんな価値観が台頭してくるでしょう。クルーズは、「暮らすように旅する」を追求したい夫婦にもぴったり。日常の趣味を、非日常の空間で深められる旅なのです。気の合うご夫婦との出会いも楽しみです。

icon_howto_stay
bg_img_01
© Crystal Cruises
stay_list_icon

カップル・夫婦で落ち着いたクルーズ旅行

初クルーズなら、自分の好みに合わせた客船を熟考して

ゆったりとした船旅を楽しみたいという夫婦には、プレミアム客船かラグジュアリー客船がおすすめ。客室も広めでクルーズの日程にもゆとりがあるコースが多く設定されています。丁寧なサービスを受けながら、くつろぎの時間を味わいましょう。

ラグジュアリー客船は、ワインなどのアルコールやバトラー(執事)のサービスなどをクルーズ代金に含むオールインクルーシブ制を採用している船会社がほとんど。いちいちサインする手間いらずで好きなドリンクを好きなだけオーダーできたりと、リラックスした船旅を楽しめます。一方でラグジュアリー客船は社交の場も少なくありません。語学に自信がない人はパッケージツアーでの参加や、日本語の通用度の高い客船、日本人コーディネーターが乗船している客船を選ぶといいでしょう。

斬新な施設や派手な演出に特化したカジュアル客船は、にぎやかな楽しみに満ちています。夫婦で久々に夜遊びを楽しみたい、という人にいいでしょう。近年は、カジュアル客船でありながら、客室によってプレミアム~ラグジュアリー客船並みのサービスを受けられる客船も続々と就航しています。これらの客船は、船の上層階にラウンジやプール、レストランなど上級客室専用のエリアがあり、専用キーを持った乗客だけが自由に出入りできるようになっていたりします。

bg_img_02
© Crystal Cruises
stay_list_icon

ふたりで楽しめる洋上ウォーキング

いつもの散歩を、船旅ならではのロケーションで

クルーズには、おしゃれ着に合わせた靴ばかりではなく、履き慣れたスニーカーをぜひ持参しましょう。朝のいち押しスポットは、船の外周をぐるっと歩けるプロムナードデッキ。潮風を感じながらのウォーキングが楽しめます。今日はXX周、明日はX周…夫婦で相談して目標を設定して歩いてもいいでしょう。

bg_img_03
© NYK CRUISES CO.,LTD.
stay_list_icon

無料のルームサービスを満喫

オールインクルーシブのクルーズ旅行はルームサービス無料

バルコニー付きの客室なら、ルームサービスは活用度大。起きてすぐでも、潮風に吹かれながら朝食をとることができます。方法はいたって簡単。前日の夜に客室内の備えられたルームサービスのメニュー用紙に、必要なものだけチェック印を入れてドアの外側にかけておくだけです。身支度を整えるのは後。気楽が一番の夫婦旅、クルーズならではの朝の過ごし方を堪能しましょう。

bg_img_04
© Oceania Cruises, Inc.
stay_list_icon

気分に合わせたダイニングや食事サービス

ルームサービスや有料レストランでメリハリをつけて

クルーズの楽しみのひとつが料理。夫婦二人でゆったりと料理をいただくのは、贅沢な時間の使い方です。

クルーズではメインダイニングのディナーは通常、18時頃~ないし20時頃~開始のいずれかを選択する2回制となっており、座る席もクルーズ中は固定されています。この伝統的なディナーに加え近年では、好きな時間に空いていれば自由に席を選んで食事を楽しめる制度を織り交ぜる客船も増えてきました。自分たちのスタイルに合わせチョイスしたいものです。

加えて多くの客船に有料のスペシャリティ・レストランが設けられています。「クルーズ○日目のディナーは、一流シェフ監修の美食を夫婦で堪能したい」という日はこちらを予約して、思い出に残るディナーを。

一方で「毎日コース料理を食べるのは胃に負担がかかって疲れそう」と思う方もいるかもしれません。夫婦ふたりの旅では、毎日のディナーに、積極的にメリハリをつけるのが良さそうです。「今晩はいったん休息日、必要なものだけ自分の部屋で客室で済ませたい」という日はルームサービスが便利です。

bg_img_05
© Oceania Cruises, Inc.
stay_list_icon

船上で楽しむ趣味とゆとりの時間

ときには夫婦それぞれの場所で、自分の時間を過ごす

「クルーズは退屈じゃない?」。未経験の人は、そう不安に思うかもしれません。けれどもそれは大きな誤解。クルーズでは例えどこにも寄港しない日でも、一日7食(!)と言われる食事に加え、さまざまなイベントが用意されています。夫婦であれば時にやりたいことが異なる場合も出てくるでしょう。そんな時に思い切って夫婦別々の時間を過ごせるのも、クルーズならではです。

例えば愛煙家の男性であれば、シガーバーに出かけてみてはいかがでしょう。重厚感あふれるソファに腰かけ、シガーの芳香をくゆらせれば、日常は遠い彼方へ。書斎にこもって何かに没頭することが多い、という方には、ライブラリーがくつろぎの場所になるかもしれません。ほかにも大海原を眺めながらのランニングなど、アクティブに過ごすのもいいでしょう。

一方で女性はダンスやクラフトの講座を受講したりアフタヌーン・ティーを楽しんだり。洋上でできた「船友」とのおしゃべりも楽しいものです。

bg_img_06
© CUNARD
stay_list_icon

クルーや乗船客と会話を楽しむランチタイム

ウエイターや隣の席のご夫妻との、昼下がりの語らい

昼食はダイニングルームへ。昼間のダイニングは夜ほど乗客が集中せず、ゆったりと楽しめます。昼間からワインをいただくのも、クルーズの一日ならOK。顔なじみになったウエイターや、席の近いご夫婦に声をかけてみるのもいいでしょう。

bg_img_07
© Oceania Cruises, Inc.
stay_list_icon

船上の多彩なカルチャー講座

新たな趣味が広がるかも!

雑貨やアクセサリーを手作りしたり、絵を描いたりするクラフト系の講座は、クルーズの定番。事前申し込み不要で、立ち寄るだけで参加できる講座も少なくありません。また料理教室が開かれる客船も。洋上で新しい趣味が見つかるかもしれません。

bg_img_08
© Royal Caribbean Cruises Ltd.
stay_list_icon

航海日には免税店でショッピング

時間を気にせず買い物を。船上でさっそく使えるものもご用意

客船の免税品ショップは公海を航行中のみオープンします。ハンドバッグや時計、ジュエリー、アルコール、たばこなど、品揃えは客船ごとに変わります。観光などの時間がとられない航海日は、時間を気にせずショッピングを。船上でさっそく使えそうなアイテムもたくさんあります。クルーズの終盤にはバーゲンがおこなわれることも。

bg_img_09
© CUNARD
stay_list_icon

優雅な時間を過ごせるアフタヌーンティー

こだわりの一杯に、ひと口サイズのスイーツを合わせて

3時が近くなると、アフタヌーンティーの時間です。2~3段重ねのティースタンドに行儀よく並べられるのは、ひと口サイズのケーキやクッキー、スコーン、サンドイッチ。客船によっては、白手袋をしたウエイターがうやうやしく取り分けてくれます。クラシック音楽の生演奏が用意されていることもあり、優雅な時間を過ごせます。

bg_img_10
© Oceania Cruises
stay_list_icon

寄港地での観光散策は専用デスクで相談可能

個人の自由散策でも、船主催の寄港地ツアーでも親切にアドバイス

翌日の寄港地では、こんなところを見てまわりたいけれど、夫婦ふたり果たして行けるか…。そんな疑問がわいてきたら、観光のプロが待機する寄港地観光デスクで情報収集を。船主催のオプショナルツアーも多数用意されていて、このデスクで申し込みできます。

bg_img_11
© Princess Cruise
stay_list_icon

特別な時間の流れるスペシャルディナー

船内に10カ所以上のレストランを擁す客船も

メイン・ダイニングのフルコースディナーのほか、船上ではグルメの選択肢がどんどん拡がっています。ステーキハウスやグリルレストラン、イタリア料理レストランなど好みのレストランへ予約をとって出かけましょう。別途20~45ドルの席料はかかりますが、素材や調理法にこだわりぬいたワンランク上の味わいは、さらなる満足感をもたらします。

bg_img_12
© Princess Cruise
stay_list_icon

生演奏のバーラウンジでくつろぎの時間

「夫婦ふたりで聴いた懐かしのあの歌」をリクエスト

夜になると、船内各所のバーラウンジに弾き語りや生演奏の心地よい音色が響きます。定番はピアノ演奏。往年の名曲から流行りのポップソングまで、奏者たちのレパートリーは驚くほど多彩です。夫婦ふたりのくつろぎの時間、せっかくなので親しみのある曲をリクエスト。生演奏で聴くと、思い出の曲がなんともロマンチックに感じることでしょう。

icon_contents_articles
icon_ttl_recent_articles
icon_bg_ttl

Recent Articles
新着情報

icon_post_news

ニュース

2018.5.2

【発売日決定!】《飛鳥Ⅱ》2018年下期コース

「カンブリア宮殿」にも取り上げられ、ますます注目される「飛鳥Ⅱ」放映からお問い合わせが大変多くなっておりますが、その飛鳥の下期コースがいよいよ発表となりました。下期コースは、定番のクリスマスクルーズやニューイヤークルーズ […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

yahata
八幡 有光衣

八幡 有光衣
【発売日決定!】《飛鳥Ⅱ》2018年下期コース
icon_post_news

ニュース

2018.5.2

【発売日決定!】《ぱしふぃっくびいなす》 2018年下期コース

ぱしふぃっくびいなすの2018年下期コースが発表となりました。下期は、クリスマスクルーズやニューイヤークルーズなど毎年人気の定番コースがたくさんあり、発売と同時に売切れてしまうコースも多数ございます。また今回の下期コース […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

yahata
八幡 有光衣

八幡 有光衣
【発売日決定!】《ぱしふぃっくびいなす》 2018年下期コース
icon_post_news

ニュース

2018.4.27

《ダイヤモンド・プリンセス》 2018年日本発着クルーズ2本目52%OFFキャンペーン

2018年度のダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズが2本目から最大52%OFFキャンペーンを実施します。魅力あふれるダイヤモンド・プリンセスの旅をもっと味わいたい。そんなお客様に嬉しいキャンペーンです。キャンペーン内 […]

icon_post_list_arrow

クルーズマスター

koizumi
小泉 芳弘

小泉 芳弘
《ダイヤモンド・プリンセス》 2018年日本発着クルーズ2本目52%OFFキャンペーン
icon_post_news

ニュース

2018.4.18

【値下げ!】《クイーン・エリザベスの姉妹船・クイーン・ヴィクトリア》アイスランドとノルウエーフィヨルドクルーズ

憧れの客船の代名詞クイーン・エリザベスの姉妹船「クイーン・ヴィクトリア」。英国伝統のエレガンスと現代の快適さが融合した豪華客船でアイスランドとノルウエーの壮大な自然を訪ねるクルーズが大幅に値下げとなりました。6/20まで […]

icon_post_list_arrow

クルーズコンサルタント

sasaki
佐々木 かおり

佐々木 かおり
【値下げ!】《クイーン・エリザベスの姉妹船・クイーン・ヴィクトリア》アイスランドとノルウエーフィヨルドクルーズ
icon_post_news

ニュース

2018.4.12

《ダイヤモンド・プリンセス》2019年日本発着クルーズ  4/13発売開始!

2019年に就航6周年を迎えるプリンセス・クルーズの日本発着クルーズが4/13発売開始となりました。2019年の特徴は神戸発着コースの設定が増加。また、夏祭り、花火、北海道周遊などの人気のコースや、お手軽にご乗船いただけ […]

icon_post_list_arrow

クルーズマスター

koizumi
小泉 芳弘

小泉 芳弘
《ダイヤモンド・プリンセス》2019年日本発着クルーズ  4/13発売開始!

新着情報をもっと見る

pagetop

名鉄観光クルーズチームに相談する

btn_doc_arrow btn_doc_mail

無料資料請求・お問い合わせ

03-5759-8412

(営業時間 10:00~18:00)