MENU

Singapore

シンガポール家族旅行

東南アジアきっての経済都市。なにもかもがハイパーな先進国!

icon_bg_ttl

Basic Information

シンガポールの基本情報

雨の多い季節がありますが、屋内型・都市型のアクティビティが多いのであまり苦労はありません。ビルの中はエアコンで寒いので気をつけましょう。

© Mariko Suzuki
日数(目安) 4~6日間
時差 -1時間
フライト時間 往路:約7~8時間 復路:約6~7時間
ベストシーズン 4~9月
icon_bg_ttl

Attractive

シンガポール家族旅行の魅力とは?

東南アジアきっての洗練された大都会。ショッピングやカジノ(※未成年は入場不可)、テーマパークと、都会的なアクティビティが満載です。
それでいて子連れにやさしくホスピタリティが高いのが東南アジアならでは。交通機関も整備されているため移動が楽、そして一つのエリアに遊びが集中しているので短い滞在でも十分満足のいく旅となるでしょう。

point

1

衛生面で非常に安心

東南アジア諸国では近年、観光客向けの施設では衛生面にそれほど神経質になる必要はありませんが、中でもシンガポールは手放しで安心できるところ。道端にごみを捨てると罰せられるため、街にはごみひとつ落ちていません。特に都心部ではどこへ行っても日本と変わらない清潔ぶりで、小さなお子さま連れでも安心。とはいえ、生水には気をつけましょう。

衛生面で非常に安心

point

2

活気と勢いを体感

アジアを代表する大都市だけに、その活気に驚かされます。刺激的、という言葉がまさにぴったり! 日本の都心部とはまた違った雰囲気なのは、整然としてモダンな高層ビルの裏手にはコロニアル時代の名残を残す建築物があったりして、独特の景観をなしているから。英国の植民地時代を経てマレーシアからの独立を勝ち取ったその邁進劇が見えるようです。小学生以上の子どもなら、歴史を学びながら旅をするのがおすすめ。

活気と勢いを体感
© Mariko Suzuki

point

3

アジア文化を学べる

都会的かつ洗練された都市文化の中に、マレーと中華が融合したニョニャと呼ばれるこのエリア特有の文化、そしてアジア全体から仕事や学業をおさめるためにこの地を目指してやってくる人々のさまざまな文化が混ざり合い、インターナショナルな雰囲気です。破竹の勢いで経済成長を続けるアジアの喧騒と文化を学ぶことができます。

アジア文化を学べる
© Mariko Suzuki

シンガポール家族旅行におすすめのツアー

icon_bg_ttl

Recommended Point

子どもの年齢別 シンガポール旅行のおすすめ度

水族館やテーマパーク、ナイトサファリに植物園と、子どもから大人までががっつり楽しめる施設が多いだけでなく、町歩きでもベビーカーで楽に移動ができ、公共の交通機関を利用してどこにでも行きやすいので小さい子連れ旅にも向いています。
ショッピングモールなどでもキッズイベントや子ども向けの遊び場を容易に見つけることができるでしょう。

icon_bg_ttl

Recommended Spot

子どもの年齢別 シンガポールでのおすすめスポット

都会型の遊びと自然と触れ合える遊びのバランスがよく、インフラが整っているのでどこへ行くのも楽々です。

icon_bg_ttl

Recommended Hotels

シンガポール家族旅行におすすめのホテル

家族の構成や好みによって滞在スタイルもさまざま。それぞれのホテルの特徴や魅力を知れば、家族で泊まりたいホテルが見つかるはず!

グッドウッドパーク

グッドウッドパーク

シャングリラ ラサ セントーサ・リゾート&スパ

マリーナ・ベイ・サンズ

マンダリンオーチャードシンガポール

シンガポール家族旅行におすすめホテルを見る

icon_bg_ttl

海外家族旅行に人気の行き先の魅力を知ろう

ハワイ(アメリカ)

グアム

ソウル(韓国)

済州(韓国)

プサン(韓国)

台湾

香港

シンガポール

ダナン(ベトナム)

フーコック(ベトナム)

ホーチミン(ベトナム)

プーケット(タイ)

サムイ(タイ)

バンコク(タイ)

バリ(インドネシア)

ペナン(マレーシア)

ランカウイ(マレーシア)

セブ(フィリピン)

マニラ(フィリピン)

ケアンズ(オーストラリア)

シドニー(オーストラリア)

ゴールドコースト(オーストラリア)

ドバイ

ロサンゼルス(アメリカ)

カンクン(メキシコ)

pagetop

名鉄観光に相談する

電話アイコン

お問い合わせ
営業時間10:00~18:00

03-5759-8411

名古屋大阪のお問い合わせ先はこちら