自然遺産

世界に誇れる、何にも替え難い素晴らしい日本の自然を訪れる

日本の豊かな自然を体感する旅

世界自然遺産を自分の目で確かめ、その遺産を永遠に残すという未来に思いを馳せる旅

自然遺産の魅力


1. ひときわ優れた自然美や類まれな自然現象

日本ユネスコ協会連盟によると、自然遺産への登録の基準は、「最上級の自然現象、又は、類まれな自然美・美的価値を有する地域を包含する」とされています。この基準に当てはまるのが、屋久島です。驚異的な樹齢の縄文杉や屋久杉、固有種や絶滅の恐れがある動植物など、珍しく美しい自然を数多く有します。屋久島には島の生態系と景観に配慮したトレッキングコースが多くあります。推定樹齢2,170〜7,200年といわれる「縄文杉」への定番コースのほか、美しい渓流と何百種類もの苔に覆われた深い森の「白谷雲水峡」、せり出した一枚岩の上から島の景色を一望できる「太鼓岩」など、島の多様な自然の表情を楽しんでみてはいかがでしょうか。


2. 野生種の生息域や生物多様性

2つ目、3つ目の登録の基準として、「陸上・淡水域・沿岸・海洋の生態系や動植物群集の進化、発展において、重要な進行中の生態学的過程又は生物学的過程を代表する顕著な見本である」「学術上又は保全上顕著な普遍的価値を有する絶滅のおそれのある種の生息地など、生物多様性の生息域内保全にとって最も重要な自然の生息地を包含する」(いずれも日本ユネスコ協会連盟による)で、「知床」「白神山地」「小笠原諸島」「屋久島」「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」が当てはまります。5か所の世界自然遺産においてはそれぞれに異なる景観を持ち、生態系も絶滅危惧種を有していると言った奥深いものがあります。季節が変わるとそれらの特徴も趣の違うものになります。南北に長い日本列島ならではの特徴も感じることができるでしょう。


3. 地球の歴史がわかる地形・地質

4つ目の登録の基準は、地形と地質です。「生命進化の記録や、地形形成における重要な進行中の地質学的過程、あるいは重要な地形学的又は自然地理学的特徴といった、地球の歴史の主要な段階を代表する顕著な見本である」(日本ユネスコ協会連盟による)とされています。残念ながら日本の自然遺産の中にはこの項目にあてはまるものはありませんが、これから暫定リストに入れられ、世界自然遺産に認定されることもあるかもしれません。

旅のプロがおすすめする自然遺産とっておきプラン


1. 屋久島~巨木と出会う世界自然遺産の島

屋久島は鹿児島の大隅半島から約60㎞離れた南海上に浮かぶ周囲130㎞の島です。中心には九州最高峰で日本百名山にも数えられた宮之浦岳がそびえ、1800m級の山々が連なることから洋上アルプスとも呼ばれています。島の面積の9割は森林におおわれ、特殊な自然環境によって育まれた生態系と生物の多様性が認められ、1993年に日本初の世界自然遺産に登録されました。その他屋久島のシンボル的な存在ので森の主とも呼ばれる「縄文杉」やアニメ映画の場所のモデルともいわれ、苔むした森が迎えてくれる「白谷雲水峡」など魅力的な自然がたくさんあります。

巨木と出会う 屋久島のツアーはこちら

2. 知床の大地を豪華なチャーターリムジンバスでめぐる

日本に残る最後の原始地域といわれる、北海道の知床半島。豊かな海に囲まれた半島に湖や滝、山、川があり、そこには様々な動物が生息しています。その生物の多様性が認められて、知床は世界自然遺産にも登録されています。その知床の大自然を堪能し、ウトロや阿寒湖、釧路、厚岸まで足を伸ばし、北海道の広大な自然とグルメを満喫できる旅をご紹介します。北海道での移動は、貸し切りの高級チャーターリムジンです。プライベートジェットをイメージしたラグジュアリーなバスを1グループで貸し切るので、気の合う仲間や家族だけで気兼ねなく楽しめます。

チャーターリムジンバスでめぐる知床のツアーはこちら

3. 白神山地で心を浄化する森林セラピーを楽しむ

世界最大級の手つかずのブナ原生林の美しさと、多種多様な動植物が生息する世界自然遺産に登録された白神山地の旅をご紹介します。白神山地はプライベートガイドとともに十二湖を代表する「青池」と日本名水百選の「沸壺の池」を巡るコースを歩きます。巨木が林立するブナの自然林の中で、森の空気を胸いっぱいに深呼吸するひとときです。白神山地のほかに人気の奥入瀬渓流も訪れます。また、JR五能線の観光列車「リゾートしらかみ」にも乗車します。電波も電気もないランプの明かりだけで過ごす「青荷温泉」と「この温泉で養生すれば老いる事も弱る事もない」が由来の「黄金崎不老ふ死温泉」の2か所の秘湯にも宿泊します。

森林セラピーを楽しむ 白神山地のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー