鉄道の旅

〜種類豊富な鉄道で行く旅の魅力〜

画像提供:JR西日本

車窓からの風景をのんびりと楽しむ鉄道の旅

自分に合ったのんびりゆったりとした鉄道の旅を。

鉄道の旅の魅力


1. 車窓からの景色

鉄道の旅において一番の魅力は何といっても車窓からの風景を楽しむことです。海、山、川、美しい花々、新緑や田園風景、紅葉、雪景色など四季折々の美しい風景を自分の席に座ってのんびりと楽しむ時間は至福のひとときです。自分で車を運転したり飛行機移動では味わうことはできません。また鉄道は人や車が通れない場所を走ったりします。連なる山の谷間を走る列車からでしか見えない絶景、例えば高い橋梁から見る海や谷の圧倒的な景観は鉄道の旅だからこそ味わえる醍醐味です。また、日本は四方を海に囲まれた国です。海沿いを走る鉄道路線も数多くあり、太平洋、日本海、瀬戸内海を望む絶景の数々を車窓から見ることができます。非日常を感じる鉄道の旅の魅力がここにあります。

画像提供:JR四国


2. ローカル列車で行く絶景駅、秘境駅

どこか懐かしい田舎の風景や、美しい自然の中を走るローカル列車。1日に走る本数も、車両も多くありませんが、だからこそ時間に追われることもなくのどかな田舎を、列車のゴトンゴトンという音に心地よさを感じながらローカル列車の旅はゆったりした時間を過ごすことができます。そんなローカル線には、一生に一度は行ってみたいと思わせるような秘境駅もあります。絶景の中に佇む駅、すぐ目の前が海になっているような駅、ポスターやTV ,映画やCMのロケ地で有名な駅、大自然の中にポツンと佇む駅、インスタ映えする駅、鉄道ファンに人気の駅、など様々な秘境駅があります。そんな秘境駅を訪れる旅は旅情をそそります。

画像提供:JR四国


3. 寝台列車の魅力

寝台列車といえば、昔はブルートレインとして毎日数多くの列車が運行されておりましたが、新幹線や航空機といった早く移動が可能な輸送手段に押され、今では本当に数少なく、貴重な存在となってしまいました。現在定期便として残るのは「サンライズ」のみとなっています。ところが今はゆっくりと時間をかけて移動する旅も見直され、寝台列車の存在・価値がクローズアップされています。サンライズ号が人気の理由はプライベート空間を大変大切にしており、個室寝台中心のプライベート空間を実現した車両になっています。昔は長距離の移動手段でしたが、今は列車による旅行そのものを楽しむ時代になってきていおります。

画像提供:JR西日本

旅のプロがおすすめする鉄道の旅とっておきプラン


1. 日本を代表するパワースポット「出雲大社」を巡る

寝台特急「サンライズ出雲」の終着駅「出雲市」といえば、何といっても有名な出雲大社があります。日本一の縁結びの神様が祭られているといわれています。縁結びというと恋愛や結婚を想像しますが、人々を取り巻くありとあらゆる繋がりの「ご縁」を結ぶものとされています。出雲大社の近くには玉造温泉があります。日本最古の温泉の1つとされ、一度入れば美しく、再び入れば万病に効くと記された温泉で玉湯川に沿って、色々な旅館や食事処、観光スポットが並んでいます。「恋叶い橋」「願い石」「キラキラ橋」といった特に女性が惹かれるような街歩きスポットがたくさんあるので是非玉造温泉に泊まったら街歩きも楽しんでみてください。

出雲大社のツアーはこちら

2. 日本三大車窓の1つ 姨捨駅からの絶景

姨捨山伝説でも有名な姨捨は、かつて松尾芭蕉や小林一茶といった俳人も多く訪れた場所で、善光寺平と呼ばれる千曲川に沿った長野盆地を見下ろす風景が日本三大車窓の1つとされています。また日本三大名月の里としても有名で、お月見の名所とも謳われています。現在は棚田コースが整備されており、春の田植えから、秋の稲刈り、冬の棚田と四季折々の美しさが楽しめます。また夜の風景の灯も美しく、とても綺麗です。電車の車窓からもこの夜景が楽しめます。

日本三大車窓のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー