文化体験

日本の伝統文化の美しさに触れ・感じ・自分に向き合う旅

「敬意」「感謝」「礼儀」日本の伝統文化を体感する旅

自分を磨き・心を鍛え・心を豊かにし 笑顔をとりもどせる 日本の伝統文化の素晴らしさ

文化体験の魅力


1. “道”から伝える日本の伝統文化

“道”がつく伝統文化が日本にはあり、その代表格に「茶道」「華道」があります。「茶道」は、おもてなしをされる側の立場からおもてなしについて知ることができます。「華道」は、おもてなしをする側からおもてなしについて知ることができます。どちらも、相手を思いやる「おもてなし」の心を知り同時に礼儀作法も学ぶことができます。そこには日本人の美徳や美しい花を愛でることでの心の安らぎを得て、自分の成長へとつながります。旅とは文化に触れることとも言えます。旅の途中で日本の伝統文化に触れることで「おもてなしの心」を知り、これまでと違った景色が見える。そんな旅も旅のひとつと言えます。


2. 実用性と美しさを兼ね備えた日本の伝統工芸

日本の伝統工芸文化は、物づくりの原点であり高い技術を誇ります。漆器や陶器、ガラス、織物は、日本の代表的な伝統工芸です。生活用品であることから実用性もありながら、その繊細さ、美しさは、芸術の域に達すると言われています。漆器で有名な「輪島塗」等、陶器では「有田焼」「九谷焼」等、ガラスでは「江戸切子」等、織物では「西陣織」等があります。この素晴らしい世界に誇る日本の芸術、伝統工芸を鑑賞・体験しにいくことも旅のひとつです。実際に体験することで、機械ではなく手作業で行っているにもかかわらずその精巧さ精密さには、職人技のひとつひとつの丁寧さ、技術力の高さに驚愕します。


3. 自分の心と向き合う「気づき」日本の伝統

日本には自分と向き合う文化があります。寺で行われる「禅」や、居合道などの武道です。「禅」は、静寂な空間で背筋を伸ばし目を閉じて呼吸を丁寧にすることで、自分を無にし、自分を見つめなおす時間を作ります。居合道は、「己に勝つ」自分との戦いを極めるものとして古来より、自分の我を捨て敬意と感謝を培うものとされています。このように日本には、「気づき」の文化があります。人が感じる苦しみはいつの時代も変わることではないとも言います。古来より続く伝統と文化によって現在でも心の「気づき」は感じ取れます。旅には、自分を見つめなおす旅というのもあります。旅によって「気づく」事が明日への活力にもなります。

旅のプロがおすすめする文化体験とっておきプラン


1. 京都・夜の静寂と座禅 心と身体の浄化

京都のお寺、臨済宗 興聖寺では、夜の座禅が行えます。自分の呼吸音しか聞こえない夜の静寂の中、心と身体を無にし自分を見つめなおすことで「気づき」を感じることができます。ここでは静寂の中に苔庭ライトアップが施され、その美しさに無の境地が加速されます。般若心経の読経や、精進料理のお食事も提供され、お寺の歴史なども説明されます。当時の人達に思いを馳せ同じ心境で体験することで心が寄り添い、300年以上前の人々の思いを感じることができるかもしれません。自分探しの旅でありながらもそんな貴重な体験ができるのは京都ならではの旅です。

京都・夜の静寂と座禅のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー