ワイン・地酒・地ビール

その土地ならではの料理とともに、ご当地の酒を味わう大人の旅

自分好みのワイン・地酒・地ビールを求めて

旅をしなければ、出会えないお酒がある。お酒との出会いはまさに一期一会、自分好みの銘酒を探訪する旅。

ワイン・地酒・地ビールの魅力


1. ワイン

「このワイナリーのワインなら、どれを飲んでもハズレはない」。そんな日本のベストワイナリーを紹介する「日本ワイナリーアワード」があります。これは言ってみれば、ホテルの格付けのようなもの。よいホテルというのは、最高級の部屋は言うまでもなく、どの部屋に泊まっても満足感が得られます。そのワイン版が、日本ワイナリーアワードです。2020年に5つ星の認定をうけたワイナリーは主に山梨に集中していますが、北海道空知の山崎ワイナリーも注目を浴びています。ワインと日本酒、アートスポットに囲まれた三笠地区にある4代目の農家が営むワイナリーで、100%自家製ぶどうにこだわり続けたワインは全国的に話題を集め、訪れる人が増えています。


2. 地酒

地酒は、日本の特定の「地」で生まれた「酒」全般のことをいい、特定の地域でつくられる日本酒のことを広く地酒と呼んでいます。地酒の特徴は、その土地の材料で、その土地独自の文化や製法から生まれます。そのため個性豊かな日本酒が多いのが特徴で、幻の銘酒といわれるような地酒が日本全国に数多く誕生しました。もちろん蔵元ごとの特徴もあるので、好みの味を探す楽しみは無限大です。近年では、地酒造りにチャレンジする若い造り手も現れ、味や香りはより多種多彩になり、スパーリングワインのような発砲日本酒などが開発され、若い女性や外国人を意識したような地酒も多く出回るようになりました。旅先では、その地酒と相性の良い料理も楽しみましょう。


3. 地ビールとクラフトビールの違い

「地ビール」と「クラフトビール」の違いは何かご存じでしょうか?「小さい規模の醸造所で作ったビール」という観点では同じですが、その土地の名産を使用したり、お土産物の要素を含めたビールが「地ビール」と言われ、「クラフトビール」は地ビールに「クラフト=技術」の要素を加えたビールと言われています。言い換えると、より味わい深いビールを造ろうという、生産者の情熱が感じられるビールが「クラフトビール」とも言えます。「その土地にこのビールあり!」というほど、種類が多く、また味わいも異なります。自分好みの地ビールやクラフトビールを探しに旅に出てみませんか?

旅のプロがおすすめするワイン・地酒・地ビールとっておきプラン


1. 伝統を受け継ぐ灘の酒蔵巡り(兵庫)

神戸には伝統を守りぬいた酒蔵や醸造所があります。今では資料館や博物館として公開されている酒蔵をめぐる旅はいかがですか?万治2年(1659年)の創業以来350余年、飽きのこない日本酒本流辛口で有名な『菊正宗酒造記念館』、1743年(寛保3年)に創業し大正初期に建造された酒蔵を利用した資料館で昔ながらの製法が見れる『白鶴酒造』、宝暦元年(1751年)に創業以来手作りにこだわり十三代に渡り「福寿」の名を守り続けた『神戸酒心館』にご案内します。

兵庫・酒蔵巡りのツアーはこちら

2. 空知・余市のワイナリーショップ、醸造所をめぐる(北海道)

近年、注目が集まっている北海道の空知のワイナリーショップや醸造所に案内します。空知ワインステーションで昼食(ローストビーフ丼)を取ったら、道内最古の酒造「小林酒造」、ブドウ畑の中の小さなショップ・鶴沼ワイナリーにご案内します。翌日は、余市のニッカウィズキー蒸留所を見学します。チャーターリムジンバスでの移動なので、参加者全員が運転を気にすることなくテイスティングができます。宿泊するホテルは、旅館とホテルのよいところを融合した新しいスタイルの旅館「シャレーアイビー定山渓」、ここでもお部屋でスパークリング酒を味わいます。

北海道・ワイナリー巡りのツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー