とっておきのレストラン

こだわりのレストランを求めて

レストランを第一に考える旅に出よう

大切な人と最高の思い出を作るために、レストランにこだわって旅に出る。

とっておきのレストランの魅力


1. 料亭・割烹で食す

板前が心を尽くした料理を仲居さんが一品ずつ運んでくれる。温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食す。料亭や割烹では、出来立ての料理をベストなタイミングでお客様に提供する最高のおもてなしを受けることができます。受けたおもてなしが非日常の旅先であった場合、その料理の味はずっと心に残り、「あの時食べたあの料理、本当に美味しかったな。」と事あるごとに、友人やパートナーと旅の思い出話で盛り上がることができるでしょう。


2. ガストロノミー

ガストロノミーとは、フランスの食文化に起源を持つ言葉で、食事や料理と地域文化の関係を考察すること、料理を元に構成される文化的要素等を研究した食や食文化に関する総合的学問体系のことをいいます。日本では、美食学や美食術と言われることが多く、特定の地域で育まれた食材やその背景にある自然や歴史、文化等の魅力に触れることを目的とした旅行でガストロノミーという言葉がよく言われるようになりました。近年、旅行先を検討する際に食事が美味しい場所を選ぶ傾向があり、単においしいものを食べるだけでなく、文化や歴史を一緒に学びたいと要求が高まり、ますますガストロノミーに注目が集まるようになっています。


3. ミシュラン星付きレストラン

ミシュランガイドは、1900年自動車の歴史の幕開けと同時に生まれました。元々はドライバーのための万能ガイドブックでしたが、今ではレストランのリストとランキングとして世界的に有名です。ミシュランでは、一つ星レストランを「優れた料理」、二つ星レストランを「素晴らしい料理」、三つ星レストランを「卓越した料理」と格付けしています。これらのランキングは毎年更新されますが、一つ星を獲得することだけでもかなりの困難なことで、三つ星を獲得するとなると、世界の料理界のレストランの頂点に立ったといえる輝かしき栄誉なのです。だからこそ、人々はミシュランの星にこだわり続けるのでしょう。

旅のプロがおすすめするとっておきのレストランとっておきプラン


1. 京都ならではの歴史ある調味料の探訪と老舗料亭での食事

京都の多彩な魅力のひとつには、独特の食文化があげられます。そうした食文化を支える重要な要素のひとつが京都ならではの伝統ある調味料です。京都にはそうした調味料の名だたる老舗が多数ありますが、近年は味にこだわるのはもちろん、見た目や機能性にもひと工夫あるアイテムが数多く登場しています。まったりとした甘みが特徴の西京味噌の「本田味噌本店」、日本三大七味唐辛子のひとつ創業360年の「七味家本舗」、元禄16年創業の薬味専門店「原了郭」、老舗の油専門店「山中油店」などが人気です。調味料を通じて、素敵な「京の味」を探訪する旅をご紹介します。享保元年1716年創業の老舗の「京懐石 美濃吉」での食事も楽しみます。

京都・老舗料亭を巡るのツアーはこちら

2. プリプリの牡蠣とウィスキーのマリアージュは絶品

ウィスキーの聖地・スコットランドのアイラ島には、生牡蠣にモルトウィスキーを垂らして食べる文化があります。牡蠣にクセの強いモルトウィスキーを垂らして一緒に食べると、牡蠣のうまみやミルキー感とモルトウィスキーの潮感、スモーキーフレーバーが絶妙にマッチするそうです。北海道の厚岸でも、同じ食べ方で牡蠣を味わうことができます。厚岸の牡蠣は、身はふっくらと育ち、甘みが濃厚なのが特徴です。厚岸の海岸の景色をゆっくり眺めながら、みずみずしい牡蠣の香りと地元で蒸留されたスモーキーなウィスキーの香りに包まれた逸品を味わう旅です。

北海道・厚岸の牡蠣を味わうのツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー