お子様連れ旅行

親が子供に「新たな経験と発見」をプレゼントできる旅

子連れ旅行を成功させるポイント

一口に「お子様連れ旅行」と言っても、子供の年齢によって旅の仕方が異なるので、年齢を3段階に分けてポイントを紹介します。

お子様連れ旅行の魅力


1. 未就学児のお子様連れ旅行のポイント

未就学児(3~5歳)との旅行では、子供にとって「初めての体験」にたくさん出会えるはずです。親も童心に戻って一緒に楽しむことが大切です。また、未就学児は平日の旅行も楽しめるので、混雑を避け、お得なプランを利用した「子連れ旅行」が楽しめる時期です。初めての体験をたくさん楽しみたいのが未就学児との旅行です。初めての海や山、フルーツ狩りなど季節の味覚狩りや動物とのふれあいなど、いろいろなプランが考えられます。美術館や博物館、なども子供が興味を示すものを探せば少しずつ楽しめるようになる時期です。親子でアートに触れる旅もおすすめです。


2. 小学生のお子様連れ旅行のポイント

小学生になると、それぞれが趣味趣向を持っているので、旅行プランにも子供の希望が反映される傾向にあります。旅のスタイルも多様化するので、広がる選択肢の中から、いかに「我が家」に合ったプランを選ぶかがポイントとなります。未就学児の時より多くのことにチャレンジができるので、大自然の中で思いっきり遊ぶプランや幼児では楽しめなかった「博物館」や「科学館」、「美術館」など、学べる体験プランなどもおすすめです。最近のトレンドとしては、旅行を通じて、楽しみながら子供の生きる力を育む「旅育」が挙げられます。旅行を学びのチャンスと捉えて、旅の体験(異文化・非日常体験、旅先での交流など)を積むことで子供の心身の成長をはぐくむ旅が注目されています。


3. 中学生のお子様連れ旅行のポイント

子供が中学生になると、「部活」「塾や講習」「友達と過ごす時間を優先する」など様々な理由で、家族旅行をすることが難しくなるので、中学生の子供が思わず行きたいと思う旅行にする工夫が必要です。行き先を選ぶ場合、大人が行きたい有名な景勝地に連れて行っても中学生は喜ばないケースもあるので、子供が行きたがっていた場所に行くのもひとつです。絶えず刺激を求めている中学生には、テーマパークや話題のスポットなど、エンターテインメント性のある遊びを旅行に取り入れると喜びます。また、中学生になると質の良さを感じることができるので、「素敵なホテルに泊まる」「絶景の露天風呂がある温泉旅館に泊まる」など、少し豪華にすると気分も盛り上がります。

旅のプロがおすすめするお子様連れ旅行とっておきプラン


1. 風を体で感じながら北海道でカヌー体験

北海道の大地には、自然を満喫できる絶景スポットが数多くあります。大自然を体感できる体験型アクティビティとして人気なのが大沼のカヌー体験です。広大な駒ヶ岳をバックに、湖面をゆっくりとカヌーで進みながら、湖の小島に立ち寄ったり、湖に咲く季節の花々や不思議な湧き水など、湖周りの散歩だけでは感じ取れないような自然に触れることができます。大沼の大自然を体で感じられるカヌー体験は、旅の最高の思い出になります。現地のガイドが漕ぎ方を丁寧に教えてくれるので、お子様でも安心して楽しめます。

北海道でカヌー体験のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー