日本百名山を歩く

~百名山の自然を愛し、自然を敬い、自然と共に歩む旅~

百名山全山踏破を目指して登る
山旅をサポートします

初心者でも登れる山から熟達者限定の難コースまで全員の登頂を目指して安心・安全で楽しく百名山を踏破しましょう。

日本百名山を歩くの魅力


1. 一座ずつ踏破していく喜びを味わう

日本百名山は北は北海道の北端、利尻島に聳える利尻山から南は鹿児島の南、屋久島にそびえる宮之浦岳まで日本中にあります。自宅から近い山だけでなく、遠方の山もありますし、日帰りで登れる山もあれば最低でも3日間かかる山もあります。全山踏破の目標を定めて登り始め、一座ずつ登って行けば登頂した山が10、20、30と増えていき、いつの日か100になります。まさに地図を塗りつぶしていくような感覚ですが、踏破する喜びを味わいながら登山を楽しんでください。


2. 踏破するたびに自分の成長がわかる

一口に百名山と言っても標高877m、ロープウェイで山頂近くまで登れる筑波山から、標高37,776m日本一の富士山、岩場が続き日本一の難コースと呼ばれる劔岳など標高も登山レベルも幅広いのが百名山です。最初は初級の山を登り、登山の回数や経験が増えてくると中級、上級のコースへ挑戦するようになります。もちろん、百名山全山踏破するには上級や熟達レベルの経験や技術、また3日間、4日間の旅程に耐えうる体力も必要になってきます。踏破するたびに自分の技術や経験が増えていくのがわかる、それも百名山の登山の楽しみです。


3. 一人で登るよりみんなで登る喜び

百名山には途中クサリ、岩場などの難所がたくさんあるコース、登山口から山頂まで長い道のりを歩いたり、延々と尾根を登るコースもあります。一人で登っていたら途中でくじけそうになるようなコースも一緒に登る仲間がいれば登れるかもしれません。一緒に行く人がいなければツアー登山もおすすめです。山に精通した添乗員や資格を持った登山ガイドが同行して、ペース配分を考えたり適時休憩を取ったりしてくれます。最初は見ず知らず同士の参加者も、下山した後は旧友のように仲良くなり、また次の一緒に山に登るということもよくあります。

旅のプロがおすすめする日本百名山を歩くとっておきプラン


1. 九重山~九州の屋根と呼ばれる山

九重山はくじゅう(九重)連山とも呼ばれる大分県の山岳地帯です。主峰の久住山は日本百名山に選ばれていますが、九重山の最高峰は中岳で、九州本土の最高峰でもあります。九重山は、西側に九重山、中岳、三俣山などが連なる九重山系と、東側の大船山、平治岳などからなる大船山系に分かれ、中間の坊ガツルを挟んで対峙しています。初夏のミヤマキリシマ、秋の紅葉、冬景色など、四季折々の景観が楽しめます。火山帯特有のダイナミックな景観が楽しめ、本州の山とはひと味違う景色が見られます。

九重山(大分県)の情報を見る 九重山(大分県)のツアーはこちら

2. 木曽駒ケ岳~氷河カールを登る中央アルプス最高峰

木曽駒ケ岳は中央アルプス(木曽山脈)の北部にそびえ、日本百名山の一つにも数えられています。標高は2,956mありますが、2,611mまでロープウェイで登ることができるのではじめての方でも難なく3,000m級の山頂に立つことができます。山頂からは御嶽山、北アルプス、南アルプスから富士山まで、名峰の大パノラマを堪能できます。千畳敷カールは7月になると一斉に高山植物が咲き始めます。カール内には一周約1時間程度で歩ける整備された遊歩道があり、登山の帰りにちょっと寄り道することができます。遊歩道の周辺ではミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、ミヤマクロユリなどの高山植物が可憐な花を咲かせています。

木曽駒ケ岳(長野県)の情報を見る 木曽駒ケ岳(長野県)のツアーはこちら

3. 槍ヶ岳~天空を衝くアルピニスト憧れの山

標高3,180m日本で5番目に高い山で、天空を突き刺すようにそびえる槍ヶ岳は北アルプス南部にあり、その形状から遠くからでも目立ち、誰もが一度は登りたいと思う人気の山です。山頂直下に建つ槍ヶ岳山荘まではいくつかのルートがありますが、山荘から山頂までは何本かのハシゴや鎖、鉄の足場を頼りに岩場を登ります。山頂は狭く20人ほどでいっぱいになるので、登りルートは時々渋滞します。上に人がいるときはよく状況を確認して進みましょう。ツアーでも上級または熟達のレベルに定義されていますので、自分の体力技術と相談して参加するかどうか判断しましょう。

槍ヶ岳のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー