日本百名山を歩く

~百名山の自然を愛し、自然を敬い、自然と共に歩む旅~

百名山全山踏破を目指して登る
山旅をサポートします

初心者でも登れる山から熟達者限定の難コースまで全員の登頂を目指して安心・安全で楽しく百名山を踏破しましょう。

日本百名山を歩くの魅力


1. 一座ずつ踏破していく喜びを味わう

日本百名山は北は北海道の北端、利尻島に聳える利尻山から南は鹿児島の南、屋久島にそびえる宮之浦岳まで日本中にあります。自宅から近い山だけでなく、遠方の山もありますし、日帰りで登れる山もあれば最低でも3日間かかる山もあります。全山踏破の目標を定めて登り始め、一座ずつ登って行けば登頂した山が10、20、30と増えていき、いつの日か100になります。まさに地図を塗りつぶしていくような感覚ですが、踏破する喜びを味わいながら登山を楽しんでください。


2. 踏破するたびに自分の成長がわかる

一口に百名山と言っても標高877m、ロープウェイで山頂近くまで登れる筑波山から、標高3,776m日本一の富士山、岩場が続き日本一の難コースと呼ばれる劔岳など標高も登山レベルも幅広いのが百名山です。最初は初級の山を登り、登山の回数や経験が増えてくると中級、上級のコースへ挑戦するようになります。もちろん、百名山全山踏破するには上級や熟達レベルの経験や技術、また3日間、4日間の旅程に耐えうる体力も必要になってきます。踏破するたびに自分の技術や経験が増えていくのがわかる、それも百名山の登山の楽しみです。


3. 一人で登るよりみんなで登る喜び

百名山には途中クサリ、岩場などの難所がたくさんあるコース、登山口から山頂まで長い道のりを歩いたり、延々と尾根を登るコースもあります。一人で登っていたら途中でくじけそうになるようなコースも一緒に登る仲間がいれば登れるかもしれません。一緒に行く人がいなければツアー登山もおすすめです。山に精通した添乗員や資格を持った登山ガイドが同行して、ペース配分を考えたり適時休憩を取ったりしてくれます。最初は見ず知らず同士の参加者も、下山した後は旧友のように仲良くなり、また次の一緒に山に登るということもよくあります。

旅のプロがおすすめする日本百名山を歩くとっておきプラン


1. 開聞岳~薩摩富士と呼ばれる秀麗な山~

鹿児島県の薩摩半島の最南端に位置する標高924mの山です。 整った山頂となだらかな稜線が美しく、別名「薩摩富士」とも呼ばれ、周囲に山がないため、南薩のほとんどの地域からその円錐形の姿を見ることができます。全山樹木で開聞さつきも咲く姿はまさに指宿のシンボルと言うにふさわしい美しい山です。 頂上から望む大パノラマは圧巻で、北の霧島、桜島、池田湖、南の屋久島、三島と、鹿児島の観光名所を一度に味わうことができます。 ゆるやかならせん状の登山道は、3時間程度で麓から頂上まで登ることができ、老若男女を問わず親しみやすく年中を問わず登山客でにぎわっています。

開聞岳(鹿児島県)のツアーはこちら

2. 宮之浦岳~最南端の日本百名山~

宮之浦岳は日本百名山の中で最南端の山で、世界遺産・屋久島のほぼ中央に位置する標高1,936メートルの山岳です。九州地方最高峰を誇り1,000m以上の山が45座以上もひしめき合うその姿から、「洋上のアルプス」と呼ばれています。森や花、湿原、岩、笹原など様々な風景を楽しめる山としても知られ、シャクナゲも群生しており、6月上旬のシーズンになると淡い紅白色の花が山肌を美しく彩ります。 「月に35日雨がふる」と言われるほど雨の多い屋久島ですが、晴天時の山頂からの展望は抜群で、開聞岳や大隅半島、種子島、口永良部島など島とは思えないほど雄大な大パノラマを楽しむことができ、年間を通じて多くの登山者たちを引きつけています。 登山道は四方に拓かれており、淀川登山口から花之江河を通り山頂へ至る、往復約16km、所要約11時間の日帰りコースなどがあります。

宮之浦岳(鹿児島県)のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー