ハイキング

~ちょっと足を延ばして旅行気分で楽しく歩けるお泊りハイキング~

日本全国の自然と文化を楽しむ
ハイキングの魅力

四季折々の自然や歴史・文化を学びながら歩く、ちょっと好奇心や探求心がくすぐられるハイキングの魅力をご紹介します。

ハイキングの魅力


1. 四季折々の自然を楽しむハイキング

日本には四季があり、春夏秋冬の季節ごとに趣のある風景が広がります。ハイキングはその季節ごとに楽しめる自然を歩くことで五感に感じることができます。例えば春は桜の名所や、ミズバショウが咲く湿原など、夏は高山植物が咲く高層湿原や北海道の大自然のハイキングが楽しめます。秋は山の紅葉や涼しくなった平地の遺跡巡り、冬は雪原をスノーシューで散策したり、ロープウェイなどで冬山に樹氷を見に行ったりなど、美しい風景の中を歩くことで、四季折々の季節を感じられます。


2. 日本各地の歴史と文化に触れるハイキング

日本各地の世界遺産、日本遺産はもちろん、各地に残された産業遺産やかつての建築物の遺構などを散策することもハイキングの楽しみの一つです。例えば人気の世界遺産「熊野古道」や「大峯奥駈道」を歩くハイキング、鳥取県にある日本一危険な国宝といわれる「三徳山投入堂」を訪ねたり、インスタ映えするとして有名な北海道遺産に指定されている旧国鉄士幌仙の「タウシュベツ川の橋梁跡」を訪ねるなど、日本中にあるハイキングで楽しめる遺構、遺跡を歩けば知的好奇心がくすぐられます。


3. 初心者でも楽しめるハイキング

健康増進のため最近は中高年だけでなく30代、40代の方も歩くことが趣味という方が増えています。1日1万歩の歩数が理想ですが、むやみやたらに歩くのは効率的ではありません。そこでハイキングのようにスタートからコースが定められ、ゴールが決まっているところを歩くのが初心者の方にはハードルが高くなく、入りやすいようです。人がゆっくり無理なく歩ける速度は最大心拍数の7割程度の状態で歩くことといわれています。時間の制限もなくマイペースで歩けるハイキングは健康増進だけでなく、夫婦や気の合う友人同士で一緒に歩けばストレス解消などリラックス効果もあります。

旅のプロがおすすめするハイキングとっておきプラン


1. 春夏秋冬楽しめる日本百名山「蔵王」

日本百名山でもある蔵王は宮城県と山形県の県境に聳える山の総称で最高峰は熊野岳で標高は1,841メートルです。ロープウェイで山頂近くまで登れるため初心者の方でも楽に登ることから春の訪れとともにエコーラインが開通すると雪の壁を歩くツアーに人気が集まります。夏になると蔵王の登山シーズンを迎えます。ロープウェイで山頂近くまで登り、エメラルドグリーンに輝くお釜を眺めながら火口を廻るハイキングが人気です。秋は全山燃えるような紅葉を楽し見ながら山麓を歩くハイキングが、冬はモンスターで有名な樹氷原をスノーシューで歩くハイキングツアーがおすすめです。

蔵王のツアーはこちら

2. ハイキングのメッカ「尾瀬ヶ原」

唱歌「夏の思い出」で知られる尾瀬は福島県と群馬県にまたがる高層湿原です。5月末から6月上旬にかけて尾瀬ヶ原一面に開花するミズバショウ、7月下旬から8月にかけて大江湿原で咲くニッコウキスゲなどの可憐な花々を観賞するため多くのハイカーでにぎわいます。また秋には草紅葉で薄紅色に染まる湿原も人気です。尾瀬には燧ケ岳、至仏山の2つの百名山もあり、百名山の登山と尾瀬ヶ原、尾瀬沼のハイキングを組み合わせたツアーも人気です。東京からは日帰りまたは1泊、また中部地方からでも2泊程度の日程でツアーが用意されています。

尾瀬ヶ原のツアーはこちら

カテゴリー選択

名鉄観光のおすすめツアー