Shikoku Karst

四国カルスト・天狗高原(高知県)

日本のスイスと呼ばれるカルスト台地の絶景

FEATURE

FEATURE

四国カルスト・天狗高原(高知県)の概要

  • はじめて
  • 初級
  • 中級
  • 日帰り
  • 宿泊
  • リフト
  • ロープウェイ
  • ケーブルカー
  • ゴンドラ
  • 百名山

四国カルストは、高知県と愛媛県との県境にあるカルスト台地で、標高は約1,400m、東西の幅は約25kmです。山口県の秋吉台、福岡県の平尾台と共に日本三大カルストのひとつで、3つの中で最も標高の高い場所にあり、四国の山々や雲海の絶景、高原植物観賞を楽しむことができます。石灰岩の白い岩肌に緑の草原、牛が放牧される牧歌的な様子は「日本のスイス」と称されます。四国カルストの東側に位置する天狗高原は雲海や星空の名所として「天空の爽回廊」と呼ばれる人気のハイキングコースです。

©(公財)高知県観光コンベンション協会

ポイント1

独特な景観を見せるカルストとは

カルストとは、地表の石灰岩が雨水や地下水などの浸食によってできた地形のことをいいます。石灰岩の主成分である炭酸カルシウムが、炭酸ガスを含んだ雨水や地下水に溶かされて地表面に墓石が立ち並んだようなカレンフェルトや、すりばち状のくぼみのドリーネ、それらが連なったウバーレなどの特殊な地形を作り出します。四国カルストは日本の代表的なカルスト台地です。

ポイント2

四国カルストは高山植物の宝庫

カルスト台地では珍しい高原植物を見ることができます。特にヒメユリは四国カルストのシンボルで、夏の開花時期には、緑の牧草地に咲くヒメユリの花を観賞するため多くの人々が訪れます。他にも、ハンカイソウは四国カルストの放牧地に黄色いお花畑をつくり、フクリンササユリは白地に淡いピンクが入る花が可憐な姿を見せます。

ポイント3

秋のススキ野原と紅葉、雪に覆われた絶景も見てみたい!

四国カルストのベストシーズンは6月から7月頃といわれますが、秋や冬もぜひ訪れてみたい季節です。広大な草原にはススキ野原が広がり、天狗高原は秋色に染まります。例年、10月中旬から下旬が紅葉の見頃の時期です。冬になると一面が雪で覆われ、夏や秋とは異なる美しい景観をつくります。

基礎データ

エリア 中国・四国
ジャンル 日帰り、宿泊
レベル 初級、中級
歩行時間 約5時間00分
歩行距離 約9km
アクセス ■電車・バス
JR須崎駅よりタクシーにて天狗高原まで約1時間20分
■車
高知道須崎東ICより天狗高原まで約1時間15分
RECOMMEND

RECOMMEND

四国カルスト・天狗高原(高知県)のおすすめコース

天狗高原には遊歩道があるので、雄大な景観を眺めながらハイキングを楽しむことができます。天狗高原から大引割・小引割を往復するコースをご紹介します。天狗高原からの遊歩道はヒノキのチップが敷きつめられた道を木々の緑と野の花に癒されながらのんびり歩くことができます。

コースの概要

天狗高原…瀬戸見の森…天狗の森…姫百合平…黒滝山…ヒメシャラ並木…大引割・小引割…天狗高原

天狗高原

天狗高原は、「天空の爽回廊」のネーミングで雲海や星空観賞の名所として知られています。四国カルストの東端に位置し、眼下には標高1,000m級の四国山地が連なり雄大な景観が楽しめます。白い石灰石が点在するカレンフェルトと緑の草原が広がり、春は新緑、夏は高山植物、秋はススキや紅葉と、四季折々の景観を楽しむことができます。天狗高原には宿泊施設やカルスト学習館があり、四国カルスト観光の拠点となっています。

天狗の森

天狗ノ森は、愛媛県と高知県にまたがる山です。標高は1,485mで、四国カルストの最高地点です。天狗の森の周辺はシラカバやアカマツの自然林となり、原生林を残した深い山の雰囲気がカルストとは異なる景観をつくっています。宿泊施設「星ふるヴィレッジTENGU(旧 天狗荘)」の駐車場から瀬戸見の森を経由して約50分の歩程となります。ここから東へ歩くと、姫百合平、黒滝山、大引割小引割へ続きます。

©(公財)高知県観光コンベンション協会

大引割・小引割

大引割・小引割は天狗高原からの遊歩道終点にある巨大な岩の裂け目で、原生林の中にあり、この辺りの標高は約1,100mです。大引割は深さ約40m、小引割は約20mの深さで、2本の亀裂が30mの間隔で並行して東西に走っています。それらは有史以前の大地震によってできたといわれており、学術上貴重なものとして国の天然記念物に指定されています。自然がつくったダイナミックな景観を楽しむことができますが、見学の際は足元に十分注意しましょう。

©仁淀ブルー観光協議会

コースの見どころや楽しみ方

一年を通して楽しめる四国カルスト・天狗高原

星空や雲海を観賞するには宿泊がおすすめ

  • 絶景
  • ホテル・旅館・民宿
時 期
通年
場 所
天狗高原

天狗高原は星空や雲海観賞の適地なので、宿泊してゆっくり過ごすことをおすすめします。天狗高原にある「星ふるヴィレッジTENGU(旧 天狗荘)」は2021年にリニューアルオープンした宿泊施設です。ガラス張りの天井から星空観賞できる特別室や、悪天候でも楽しめる館内のプラネタリウム、四万十源流水を使った展望大浴場など、日常から離れた特別な時間を過ごすことができます。隣接する「カルスト学習館」では四国カルストの植物や生き物、その生いたちを学ぶことができます。

四国カルストでキャンプを楽しむ

  • テント
時 期
6月~10月
場 所
天狗高原、姫鶴平

四国カルストには2つのキャンプ場があり、テント泊を楽しむことができます。ひとつは天狗の森にある天狗高原キャンプ場で、林間サイトでウッドデッキの上にテントを張るので、夏場でも涼しく過ごせます。もうひとつは姫鶴平キャンプ場で、こちらは360度広がるパノラマ絶景の中でキャンプができます。ただし、四国カルストは天候が非常に変わりやすいので雨や風には要注意です。また、日除けがないのでタープがあるとよいでしょう。いずれのキャンプ場も近くで食料の買い出しができないので事前に買物を済ませておきましょう。

天狗高原だけじゃない、四国カルストの魅力

  • 紅葉
  • 絶景
時 期
5月~10月
場 所
五段高原、姫鶴平、大野ヶ原

東西の全長が約25kmに及ぶ四国カルストを結ぶ道路は、東端の天狗高原から西端の大野ヶ原へと続き、「天空の道」としてドライブコースとして人気ですが、遊歩道のハイキングも楽しめます。五段高原は、羊の群れのような白い石灰石(カレンフェルト)やすり鉢状の窪み(ドリーネ)が点在します。春から秋まで牛が放牧されていてのんびりとした牧歌的な風景が楽しめます。姫鶴平(めづるだいら)は四国カルストの中央に位置し、展望台からその雄大な景色が一望できます。キャンプ場などもあり、アウトドアが満喫できます。西端に位置する大野ヶ原は牧場やペンションが点在する人気エリアです。最も高所にある源氏ヶ駄馬からの景色は「日本のスイス」と呼ばれる四国カルストらしい素晴らさです。

Recent Articles

新着情報

2022.9.1ニュース

登山愛好家の荻原次晴さんが名鉄観光の登山・ハイキングアンバサダーに就任いたしました

もっと見る

2023.11.27新着情報

天草諸島の歴史と自然に触れる旅 2024年2月10日(土)出発天草・九州オルレと教会巡りに行ってみませんか!

もっと見る

2023.11.22新着情報

今年も催行します!2024年1月28日(日)出発 奄美大島・固有種が生きる森と奄美ブルーの海 2泊3日の旅!

もっと見る

2022.3.1ニュース

「ハイキングガイド」公開のお知らせ

もっと見る

Recommended Tours

おすすめツアー